Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア >   HP-UX

HP Integrity Virtual Machines (Integrity VM) A.03.00

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP Integrity Virtual Machines A.03.00の新機能

2007年6月にリリースされた最新のHP Integrity Virtual Machines (Integrity VM) A.03.00では、以下のような機能の追加や拡張が行われています。


ゲストOS環境の強化

Integrity VMのゲストOSとしてHP-UX 11i v2, Windows 2003に加え、新たにHP-UX 11i v3とRed Hat Enterprise Linux AS 4 Update 4がサポートされるようになりました。


動的メモリ

HP-UXゲストへのメモリ割当量を動的に変更することができます。Integrity VMでは通常、ゲストOSに固定されたメモリを割り当てます。そのメモリは、仮想マシンが起動するときにロックされるため、ページングやスワップは行えません。いったんメモリがロックされると、VMホストはそのメモリを他の仮想マシンに対して利用可能にすることはできませんでした。

Integrity VM3.0の新機能、動的メモリを設定すると仮想マシンをリブートすることなく、仮想マシンによって使用されている物理メモリ量を変更することができます。(現在、この動的メモリ機能は HP-UX ゲストのみで使用できます)


物理サーバ環境から仮想環境へのワークロードの移動

P2V (physical to virtual) アシスタンスを利用して、物理サーバあるいは物理パーティション(nPar)のシステム上で稼動しているアプリケーションを仮想マシン上に移動することができます。P2V アシスタンスは、移動に役立つ各種スクリプト、ツールから構成されます。

ネットワーク機能の拡張

仮想スイッチに対する物理NICの割り当てを変更することができます。また、既存の仮想スイッチを元に新しい仮想スイッチを作成することができます。

テープ、チェンジャ、CD/DVDライターの Windows/Linux ゲスト対応

HP-UXゲストに加え、Windows/Linux ゲスト上でもテープ、チェンジャ、CD/DVDライターの各デバイスが利用可能となりました。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項