Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

HP-UX Process Resource Manager (PRM)

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む

HP-UX Process Resource  Manager (PRM)とは

PRM はポリシーベースのリソース管理ツールです。 PRM を使用すると、システム管理者は、アプリケーション、ユーザー、またはグループがシステムの負荷のピーク時に使用できるリソースの量を制御することができます。 PRM で管理できるリソースは、サーバー ノード、 Superdome の nPartitions 、または vPars 内の CPU 、実メモリ、ディスク I/O の帯域幅です。 PRM では、次の方法でリソースの割り当てを行うことができます。
  • パーセント ベース
  • シェア ベース
  • プロセッサー ベース (pSet による )

PRM を使用すると、システム管理者は、リソースの消費を制御するポリシーを定義することで、クリティカル アプリケーションやユーザーのシステム リソースへのアクセスを制御できます。

PRM を使用することにより、 1 つ以上の PRM グループ ( システム リソースの概念上のパーティション ) を作成できます。 HP-UX システム上に PRM を構成すると、各実行プロセスは定義済み PRM グループの 1 つに所属します。管理者は、識別名や、 CPU サイクル、実メモリ、ディスク I/O 帯域幅のシェアの割り当てを設定することにより、 PRM グループを定義します。

サーバー仮想化
Capacity Advisor
Virtualization Manager
Processor Sets(PSets)
  Process Resource Manager(PRM)
  Global Workload Manager(gWLM)
  Workload Manager
  nPartitions(nPars)
  Virtual Partitions(vPars)
  vPars & VM
  Integrity VM
  HP-UX Containers(旧SRP)
  HP Serviceguard
instant Capacity(iCAP)

たとえば、プロセッサー能力の 60% を PRM グループ A に割り当てるなど、システムの負荷の状態に関係なく、 PRM グループ ( および関連アプリケーション ) からアクセス可能な最低限のリソース シェアを保証できます。これらの値はリソースのパーセントまたはシェアとして設定できます (PRM グループ A は 40 シェアで、 PRM グループ B は 30 シェアなど ) 。システム リソース (CPU 、実メモリ、ディスク I/O の帯域幅 ) が使用されずに余っている場合には、必要に応じて、グループで使用することができます。システムのアクティビティにより使用可能なリソースがすべて消費された場合は、定義されたポリシーに適合するように、 PRM はリソースのシェアを強制的に変更します。

PRM でのリソースのパーティショニングは OS レベルで行われるため完全に動的で、ポリシーの追加、修正、削除には、システムの再起動もアプリケーションの再起動も不要です。各グループへのリソースの割り当ては、そのリソースの構成で割り当てられているシェアの合計数から、何シェアを割り当てるかを設定するだけでよく、簡単にグループを構成に追加したり、削除することができます。

Process Resource Manager (PRM) の機能

PRMには、次のような多数の機能とメリットがあります。
  • 最も重要な共有サーバー リソースの管理 : CPU 、実メモリ、ディスク I/O の帯域幅に対するハードウェアの重複が不要。
  • nPartitions 、 vPars 、または単一のサーバー ノード内で実行される、オンラインおよびバッチの両方のアプリケーションへのリソース割り当てポリシーのサポート。
  • 細密な CPU 割り当て ( パーセントまたはシェア ベースで CPU を割り当てることができます ) 。
  • アプリケーションの独立性 ( リソースの割り当てはアプリケーションにとって透過的であるため、 PRM によりリソースが割り当てられるサーバー上で実行されるアプリケーション側での修正は不要です ) 。
  • 動的な PRM による ( 再 ) 構成 (PRM グループの構成にはシステムの再起動は不要です ) 。
  • 階層的リソース割り当て (PRM グループのリソースが、そのサブグループ間で分配されます ) 。
  • 階層的リソース割り当て (PRM グループのリソースが、そのサブグループ間で分配されます ) 。
  • pSet との統合 (CPU のパーセントやシェアを割り当てるのではなく、 pSet を使用して関連付けることにより、リソース グループに専用プロセッサーとメモリを割り当てることができます ) 。
図1は、PRMによるシステムリソースの割り当てを示したものです。CPU、メモリ、ディスクI/Oの各リソースは動的に割り当てを変更することが出来ます。
 
 RMによるリソースの割り当て
  図1 PRMによるリソースの割り当て

PRM使用する理由

PRMは、複数のSAPインスタンスなど、単一のHP-UXイメージ内に共存し、リソースが保証されていることを必要とするアプリケーションの統合に最適です。また、PRMではリソース消費の上限の設定も使用でき、プロセスの暴走を防ぐことができます。定義したSLOの遵守には、昼間はオンラインで夜間はバックアップやバッチ処理など、単一パーティション内での運用の変化に応じてリソースの割り当てを変更する必要があります (たとえば、バックアップ アプリケーションの場合は、午前7時から午後7時までは0%のCPU使用率を、午後7時から午前7時までは60%のCPU使用率を割り当てるなど)。

PRMは動的に構成を変更できるため、リソースベースのポリシーと時刻ベースのポリシーに対応する複数の構成を作成することができます。

また、PRMは、JavaベースのGUI (図2参照) を使用してPRMグループを構成できるため、簡単に使用できます。このGUIはスタンドアロンのJavaアプリケーションとして実行することも、ブラウザ内で実行することもできます。単一のGUIセッションで複数のサーバーの構成が行え、システムの管理を単純化することができます。
 
 PRM の GUI (Javaベース)
  図2 PRM の GUI (Javaベース)

他のツールとの連携

PRMとpSet

PRMグループをpSetに基づいて定義すると、PRM はpSetへのCPUリソースの割り当てを制御します。PRMグループには、使用可能なCPUサイクルのシェアが割り当てられるのではなく、指定した数のプロセッサーがpSet割り当てに基づいて割り当てられます。PRMはpSetへのメモリの割り当ても管理します。pSetに基づいて定義したPRMグループへのリソースの割り当ては、アプリケーションおよびユーザーを、通常のPRMグループに割り当てるのと同じように行うことができます。ただし、PRMは、pSetに基づいて定義されたPRMグループへのディスクI/Oの帯域幅の制御は行いません。

PRMとHP Serviceguardの統合

アプリケーションのフェイルオーバーの発生時にPRMを使用して、システム リソースの割り当て方法を制御できます。フェイルオーバー パッケージ用のHP Serviceguard起動スクリプトがフェイルオーバー システムに新しい負荷を与え、PRMに対して別のPRM構成ファイルの使用を指示します。この新しいPRM構成ファイルは、システム上の新たなワークロードに対応するためのものです。PRMの構成に対するこの変更は動的に行われるため、PRMまたはPRMにより管理されているアプリケーションにはダウンタイムは発生しません。フェイルオーバーしたアプリケーションと待機システム上に存在する他のすべてのアプリケーションは、新しいPRM構成ファイルに定義されているシェアに従ってリソースを取得できます。
PRM のマニュアルページ

関連情報

 技術資料(最新)

詳細情報
The HP Virtualization Continuum for HP-UX 11iパンフレット 米国  (PDF:140KB)
Virtualization on the new HP Integrity servers: real usage scenarios 米国  (PDF:1.6MB)
Virtualization Licensing for HP-UX 11i 米国
HP教育サービス
HP Insight Dynamics - VSE Suite
Insight Dynamics for HP ProLiant 6.3
HP 9000 Containers
HP-UX Process Resource Manager (PRM)
仮想パーティション (vPars) ― 構成上の注意点  (PDF:125KB)
Matrix: Integrity Virtual Machinesインフラストラクチャのプロビジョニング (デモ)
Webcast
Consolidate workloads with Secure Resource Partitions (SRP) v2 米国
ホワイトペーパー
Best Practices for Deploying HP-UX Secure Resource Partitions (SRP) for SAPホワイトペーパー 米国  (PDF:541KB)
HP Integrity Virtual Machines Online Migration with IBM Informix Dynamic Server 11.50 米国  (PDF:1.1MB)
HP Integrity VM (Virtual Machines) の紹介  (PDF:698KB)
HP Integrity Virtual MachinesをHP Serviceguardパッケージとして使用した高可用性ソリューションの設計  (PDF:345KB)
関連アーキテクチャー
Consolidating Oracle Databases with Secure Resource Partitions in a Serviceguard Clusterホワイトペーパー 米国  (PDF:1.21MB)
その他の技術資料
HP-UX Containers/Secure Resource Partitions QuickSpecs 米国  (PDF:64KB)
HP-UX Containers/Secure Resource Partitionsマニュアルとホワイトペーパー 米国
HP Integrity Virtual Machines QuickSpecs 米国
HP Integrity Virtual Machines on Software Depot 米国
Integrity VM 4.3リリースノート  (PDF:711KB)
Online VM Migration QuickSpecs 米国  (PDF:92KB)
HP Integrity VM、Online VM Migration、およびvmmgrテクニカルホワイトペーパーと製品マニュアルのダウンロード 米国

 技術コラム(連載)

Integrity VMでやさしく学ぶ
サーバー仮想化

第1回:Integrity VMって何だ?
第2回:Integrity VMをインストールする
第3回:ストレージとネットワークの仮想化
第4回:VMゲストの作成
第5回:VMゲストへのリソース配分
第6回:Integrity VMの構成管理
第7回:Virtualization ManagerとCapacity Advisorによる統合管理
第8回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その1
第9回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その2
第10回:Ignite-UXによるネットワーク・インストール・その3

“まるごと仮想化”のここが「ツボ」

第1回:パフォーマンスを引き出すCPUリソースの配分設定
第2回:3種類の仮想ディスクを使い分ける
第3回:仮想スイッチ構成とメモリ構成のポイント
第4回:Integrity VMのバックアップ手段とAVIOの利用
第5回:オンラインマイグレーション機能の実際
第6回:仮想化環境でのクラスターウェアの使いこなし術

 技術コラム(特集)

仮想化の“常識”を覆す、vPars+Oracleのポテンシャル (2009年7月)
第4世代の仮想化ソフトウェアIntegrity VM4.0の魅力を徹底解剖 (2008年9月)
仮想化のメリットを最大限に活かすHPの仮想化ソリューション・前編 (2008年3月)
仮想化のメリットを最大限に活かすHPの仮想化ソリューション・後編 (2008年4月)
高速仮想 I/O がもたらすHP-UX 仮想化のさらなる進化 (2008年1月)
可用性・管理性・保守性に優れたBoot from SAN・前編 (2007年11月)
可用性・管理性・保守性に優れたBoot from SAN・後編 (2007年11月)
Virtualization Managerは「サーバー仮想化のポータル」をめざす・前編 (2006年4月)
Virtualization Managerは「サーバー仮想化のポータル」をめざす・後編 (2006年4月)
サーバー仮想化の“先駆者”HPが世に問う新技術「HP Integrity VM」・前編 (2005年12月)
サーバー仮想化の“先駆者”HPが世に問う新技術「HP Integrity VM」・後編 (2005年12月)
HP Integrityサーバー対応版で更に強化されたvPars・前編 (2005年9月)
HP Integrityサーバー対応版で更に強化されたvPars・後編 (2005年9月)
検証作業が明らかにした「WebLogic+仮想化」の潜在力・前編 (2005年8月)
検証作業が明らかにした「WebLogic+仮想化」の潜在力・後編 (2005年8月)
gWLMが描く仮想データセンターの理想像・前編 (2005年1月)
gWLMが描く仮想データセンターの理想像・後編 (2005年1月)
サーバーを増やす「打ち出の小づち」 - vParsを使いこなす (2004年12月)
「サーバー仮想化によるスケールアウト」の新潮流・前編 (2004年8月)
「サーバー仮想化によるスケールアウト」の新潮流・後編 (2004年8月)

 技術資料

第2世代HP Integrity サーバー上のHP Integrity Virtual MachinesにおけるOracle OLTPワークロードの実行  (PDF: 416KB)
HP Virtual Server Environment の導入 はじめに  (PDF: 370 KB)
HP VSE リファレンス アーキテクチャー:アプリケーション サーバー用 共有インフラストラクチャ − ハイレベル コンセプト  (PDF: 302 KB)
vPars 環境で DVD/CD-ROM/テープ/ネットワークを 使用したブート、インストール、リカバリ、共有方法  (PDF: 187KB)
仮想パーティション (vPars) ― 構成上の注意点  (PDF: 215KB)
vParsでのメモリの構成および移動  (PDF: 447KB)
vPars バージョンA.05.xx におけるOS (HP-UX 11i v2 および v3) の混在環境について  (PDF: 253KB)
vPars環境でのDVD/CD-ROM/テープ/ネットワークを使用したブート、インストール、リカバリ、および共有方法  (PDF: 239KB)
vParsのCPU構成ガイドライン  (PDF: 3.37MB)
仮想パーティション (vPars) 環境におけるカーネル メモリの割り当て方法とその制御  (PDF: 185KB)
HP Integrity VM (Virtual Machines) の紹介  (PDF: 698KB)
Integrity Virtual Machines ― 構成時の考慮点  (PDF: 234KB)
Integrity Virtual Machines を使用したハードウェア コンソリデーション  (PDF: 808KB)
HP Integrity Virtual MachinesをHP Serviceguardパッケージとして使用した高可用性ソリューションの設計  (PDF: 345KB)
Integrity Virtual Machines ― ベストプラクティス  (PDF: 732KB)
Integrity Virtual MachinesでのIgnite-UXの使用方法  (PDF: 660KB)
HP Serviceguardを使用したHP Integrity Virtual Machinesの管理  (PDF: 602KB)
Integrity Virtual Machines大容量の仮想記憶領域としてファイルを使用する際のベスト プラクティス  (PDF: 360KB)
仮想パーティション (vPars) システムから Integrity 仮想マシン (Integrity VM) への移行  (PDF: 276KB)
SuperdomeにおけるItaniumとPA-RISCのパーティション混在環境リファレンス ガイド  (PDF: 395KB)
HP Superdome Hybrid Serverにおけるインテル®Itanium® nPartitionsとPA-RISC nPartitionsの混在構成について  (PDF: 317KB)
HP Global Workload Manager - サーバー CPU使用率向上技術の概要  (PDF: 313KB)
HP Virtual Server Environment ― アプリケーション開発者へのヒント
HP-UX が動作するHP IntegrityサーバーおよびHP 9000サーバー上の仮想化環境におけるアプリケーションの最適化
  (PDF: 379KB)
HP Integrity およびHP 9000サーバー向けHP Virtual Server Environment ― サーバー使用率をリアルタイムに最適化  (PDF: 1.02MB)
HP 9000/HP Integrity サーバー + HP-UX11i 用 HP パーティショニング ソリューション  (PDF: 551KB)
HP 9000サーバーとIntegrityサーバー向けのインスタント キャパシティ (iCAP)   (PDF: 660KB)
HP-UX環境でのHP Instant Capacity (iCAP) による費用対効果に優れた高可用性ソリューション  (PDF: 811KB)
HP Instant Capacity (iCAP) (旧称: iCOD) バージョン B.06.x/B.07.x のコードワードについて   (PDF: 305KB)
HP-UX 11i のソフトウェア導入および構成ツール
仮想化環境でのサーバー管理の単純化
  (PDF: 314KB)
HP-UX Workload Managerの概要   (PDF: 769KB)
HP Workload Managerによるパーティションの自動サイズ調整  (PDF: 719KB)
HP-UX Workload ManagerによるVirtual Partitionsの管理  (PDF: 900KB)
最も重要なアプリケーションでHP-UX Workload Managerを効果的に使う方法  (PDF: 301KB)
HP ServiceguardとHP Integrity Essentials Global Workload Managerの併用  (PDF: 350KB)
HP-UX 11i v2パーティションシステムにおけるHP ServiceGuardクラスター構成  (PDF: 1.0MB)
HP-UX 11i サーバー環境におけるBEA WebLogic Serverの統合検証  (PDF: 1.8MB)
HP-UX プロセッサー・セット(pset)  (PDF: 376KB)
HP Process Resource Managerの概要  (PDF: 358KB)
OracleデータベースへのHP-UX 11i PSET機能および PRM製品の適用  (PDF: 486KB)
HP-UX Virtual Partitions環境での動的なCPUの切り離し  (PDF: 126KB)
例題で学ぶHP-UX Workload Manager  (PDF: 449KB)
HP-UX Role-Based Access Control によるvPars の保護  (PDF: 332KB)

お問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ


ご購入後のお問い合わせ

HPEサポートセンター
製品の標準保証でご利用いただける無償のサービスです。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。
印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項