Jump to content 日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  HP-UX 

ファイルシステムとボリューム管理

HP-UX 11i Logical Volume Manager 2010年3月版アップデートリリース

HP-UX/Integrityサーバー お問い合せ
コンテンツに進む
HP-UX 11i Logical Volume Manager 2010年3月版アップデートリリース HP-UX 11i Logical Volume Manager 2010年3月版アップデートリリース
 

ボリュームレベルでシステム構成を保存することで、安心して新しいソフトウェアを
インストール可能

LVMに、読み書き可能なボリュームマネージャーレベルのスナップショット機能が備わりました。スナップショットではシステム構成をそのまま保存できるため、バックアップに役立ちます。また、ボリュームレベルのスナップショットを取得できることにより、新しいアプリケーションをインストールする場合や新しいシステム構成を試す場合など、何らかの構成変更を行う場合にシステム構成を保存できるため安心です。

システム管理者の日常的な業務の時間を短縮

LVMのLVMoveコマンドにより、ボリュームグループ内の論理ボリュームの移動に必要な時間と手順を削減できます。LVMoveは、VGMoveの機能を進化させたもので、以前は手動で行っていたボリュームグループのサイズ拡大作業が自動化されています。

以前は次の3つの手順が必要でしたが、
  1. ボリュームグループを拡張
  2. PVMoveでソースからターゲットにデータを移動
  3. ソースデータを削除
次の2つの手順で済むようになりました。
  1. LVMoveコマンドでソースデータを移動
  2. ソースデータを削除

拡張性、管理性、可用性を向上し、移行を容易にする機能強化を活用

LVMレイアウト2 (L2) では、拡張性、管理性、高可用性 (SLVM向け)、そして移動性の機能が向上しています。たとえば、サポートされているボリュームグループの最大数がLVM L1では256だったのが、L2では2,048になり、L1では255だった物理ボリュームの最大数がL2では2,048になりました。また、物理エクステントの最大数が6万4,000から1,600万に増加しています。この最新のLVMの機能強化を活用するには、L2に移行する必要があります。今までは1.0でブートしなければならず、2.0はデータディスクとしてのみ使用できました。 HP-UX 11iのMarch2010アップデートリリースリリースでは、LVM L2で完全にボリュームをブートできるようになったため、最新の機能強化のすべてを導入後すぐに活用できます。

お問い合わせ

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項