Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  *BSD

FreeBSD R4.11インストールフロー

*BSD

did you know?

導入事例
リンク
What's New[BSD]

product

ハードウェア
サービス
全製品価格一覧
PDFカタログ

support

技術文書
FAQ
保証について
非動作レポート

他のPC UNIX系

Linux
サイトマップ
HPE製品にLinuxを導入される方向けに、必要な技術情報をご紹介します。
コンテンツに進む
26-APR-05
 本ページの内容は限られた評価環境における動作結果、動作させるための情報を報告しているだけであり FreeBSDの全ての動作を保証するものではありません。また、動作確認に関する情報等はあくまでも 動作確認であり、動作の保証をするものではありません。更に詳細な情報については、リンク内サイト保証についてをお読みください。

想定システム

 本インストールフローは下記のインストール条件を想定しています。システム構成インストールオプションが異なる場合には、添付のドキュメントや サイト外リンクhttp://www.jp.FreeBSD.org/上のドキュメント等を参照して、インストール中に適時必要な設定を行ってください。
  • ProLiant DL360 G4 (P52-08/26/2004)
  • ProLiant DL380 G3 (P29-07/25/2003)
  • ProLiant DL380 G4 (P51-12/02/2004)

本Releaseでの制限事項

  • USBメモリを認識しない場合があります。
  • USBメモリの抜き差しを繰り返すと、マシンが rebootする場合があります。

ハードウェアのセットアップ

 G3マシンの場合、電源投入直後の POST時に [F9]キーを押し、RBSU(ROM-based Setup Utility)を起動し、System Option ⇒ OS Selectionで 'Linux'に設定してください。

デバイスインストールフロー

  • インストーラの起動方法について
    CD-ROMから起動してのインストールが可能です。

  • ディスクコントローラの設定
    インストーラは、本機内蔵の ATAもしくは SmartArray 5i/6iコントローラを自動認識します。

  • Ethernetコントローラの設定
    DL360G4: 本機内蔵の NC7782(BCM5704)は、自動認識されます。
    DL380G3: 本機内蔵の NC7781(BCM5703)は、自動認識されます。
    DL380G4: 本機内蔵の NC7782(BCM5704)は、自動認識されます。

  • マウスの設定
     インストーラは、本機内蔵のマウスを自動認識します。マウスはデフォルト(Type ⇒ Auto、Port ⇒ PS/2)のままで利用できます。Enable: Test and run...で動作テストを行ってください。

  • Videoコントローラの設定
     XF86cfg-textmodeを起動し、Configure mouse〜Configure layoutを順番に設定し、最後に Write XF86Config and quitで設定を保存してください。
    1. XF86cfg-textmodeの起動。
      #xf86cfg -textmode
    2. X Window Systemで使用するマウスの設定(CUI環境には反映されません)。
      Configure mouse
    Mous0 ⇒ Mouse 3Buttons emulation(必要に応じて yesか noを入力) ⇒ Auto ⇒ /dev/sysmouse
    3. X Window Systemで使用するキーボードの設定(CUI環境には反映されません)。
      Configure kyeboard
    Keyboad0 ⇒ Japanese 106key ⇒ Japanese
    4. X Window System起動時のディスプレイ周波数の設定(事前にディスプレイのマニュアルを参照し水平同期、垂直同期を調べてください)。
      Configure monitor
    Monitor0 ⇒ Monitor HorizSync(使用ディスプレイに近い水平同期を選択)
    ⇒Monitor VertRefresh(使用ディスプレイに近い垂直同期を選択)
    5. X Window System用グラフィックカード Driverの選択。
      Configure card
    Card0 ⇒ **Unlisted card** ⇒ 一覧より、atiを選択。
    6. X Window System起動時の解像度・色深度の選択。
      Configure screen
    Screen0 ⇒ Card0 ⇒ Monitor0 ⇒ 16bits,65Kb colors 1024x768
    7. ServerLayoutの指定。
      Configure layout
    Layout0
    8. 設定ファイルの保存。
      XF86Config and quit
    /etc/X11/XF86Config

  • メモリの設定
    4GB以下のシステムでは不要です。#dmesg|grep memoryで確認してください。
    4GB以上のシステムではリンク内サイトこちらを参照し、PAEカーネルを作成してください。

  • SMPの設定
    DL360G4, DL380G3, DL380G4を SMPで利用するにはサイト内リンク別途 kernelの buildが必要です。

     Hyper-Threading機能は DL360G4, DL380G3, DL380G4の2CPU時のみ利用できることを確認しています。
     本 RELEASEでは 'options SMP'を有効にするだけで HTTも有効になります。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。

      インストール*1 1CPU 2CPU 4CPU
    DL360G4 未検証 ○(4CPU) NA
    DL380G3 未検証 ○(4CPU) NA
    DL380G4 未検証 ○(4CPU) NA
    *1 :インストーラが導入する UNI kernel
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項