Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  *BSD

APICの設定変更方法

*BSD

did you know?

導入事例
リンク
What's New[BSD]

product

ハードウェア
サービス
全製品価格一覧
PDFカタログ

support

技術文書
FAQ
保証について
非動作レポート

他のPC UNIX系

Linux
サイトマップ
HPE製品にLinuxを導入される方向けに、必要な技術情報をご紹介します。
コンテンツに進む
16-OCT-00
 本ページの内容は限られた評価環境における動作結果、動作させるための情報を報告しているだけであり FreeBSDの全ての動作を保証するものではありません。また、動作確認に関する情報等はあくまでも 動作確認であり、動作の保証をするものではありません。更に詳細な情報については、リンク内サイト保証についてをお読みください。

APICの設定変更方法

APICの設定変更は機種により異なります。
  • SCU(system configuration utility)を利用する機種の場合、SCUで APICの設定を行いますが SCUの起動方法自体に下記の 3つの方法があります…
    1) SmartStart CD-ROMからの起動
    2) [F10]キーによる HDDからの起動
    3) FDからの起動
     
     但し、APICの設定表示は、SCUをアドバンスドモードに変更しないと表示されません。このモードに変更するには上記 3つの方法の内、SmartStart CD-ROMからの起動では行えません
     
     また、[F10]キーによる HDDからの起動方法は FreeBSDの場合、ブートローダを MBR(master boot record)にインストールすると利用できなくなります。
     
     このため FDからの起動を行うことをお勧めします。予め SCU用 FDを作成(作成方法はリンク内サイトディスケットビルダーの利用方法を参照ください)しておいてください。
     
     実際に SCUで APICの設定を行う方法は、後述のAPICの設定変更を参照してください。

  • BIOSsetupを利用する機種の場合、システム起動時に [F10]を押し BIOSsetupを起動して APICのモードを切り替えます。

APICの設定変更

  • SCUを HDDもしくは FDから起動します。
  • SCUの起動画面が表示され「どれかキーを押してください」と表示されます。[Enter]キーを押します。
  • メインメニューが表示されます。[Ctrl]+[A]を押します。
  • 「情報: アドバンスドモードは有効です」と表示されます。[Enter]キーを押します。
  • メインメニューから、システムコンフィギュレーションを選択します。
  • システムコンフィギュレーションから ハードウェアの設定を選択します。
  • 自動設定が行われます…
  • 設定の完了画面が表示されます。ハードウェア設定の参照と変更を選択します。
  • ハードウェアの設定から、ステップ3: 設定の参照/変更を選択します。
  • 通常の SCUでは表示されない項目が増えています…APICモードを選択します。
  • フルテーブルフルテーブル-マップに変更します。
  • [F10]を押して、前のメニューに戻ります。
  • ステップ5: 保存と終了を選択します。
  • 設定情報の保存とコンピュータのリセットを選択します。
  • 設定情報が保存された事を通知するメッセージが表示されます。[Enter]を押します。
  • システムが自動的に再起動します。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項