Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  *BSD

ProLiant DL380 G2

*BSD

did you know?

導入事例
リンク
What's New[BSD]

product

ハードウェア
サービス
全製品価格一覧
PDFカタログ

support

技術文書
FAQ
保証について
非動作レポート

他のPC UNIX系

Linux
サイトマップ
HPE製品にLinuxを導入される方向けに、必要な技術情報をご紹介します。
コンテンツに進む
 本ページに記載してある内容は限られた評価環境に於ける検証結果に基づいたものです。本ページの情報を利用する前に予めサイト内リンク技術情報サイト内リンク保証について、ディストリビュータが提供する WEBサイト等をご覧ください。

内蔵SmartArray 5iコントローラについて

 本機に標準装備されている SmartArray 5iは R4.3〜R4.4では利用できません。R4.5を利用するか、SmartArray 431を装着し、本機に添付されているSCSI cableを storage bayに接続してください。
 R4.5を利用する場合、標準のインストーラは SmartArray 5iを認識できません。このため、cissドライバに対応させた CD-ROMを用意する必要があります。詳細はサイト内リンクこちらをご覧ください。
FreeBSD-tested systems

*BSDのインストールに必要なデバイス情報

ProLiant DL380 G2
CPU 1基 or 2基
チップセット ServerSet HE-SuperLite
メモリ 最大 6GB
online spare機能利用時は 4GB
Ethernet NC3163(i82559, PCI1st)
オンボードに 1基装備
10BASE-T, 100BASE-TX対応
half-duplex, full-duplex対応
video ATI Rage XL(PCI1st)
オンボードに 1基装備
8MB/SDRAM
SCSI 無し
SmartArray 標準で SmartArray 5i装備(PCI1st)
Wide SCSI/68pin内部コネクタ x1
Wide SCSI/VHDCI外部コネクタ x1
Ultra3 SCSI対応
PCI形式の SmartArrayも利用可能
ストレージ ホットスワップ対応
USB chipsetに内蔵(PCI1st)
OHCI準拠
2 ports
電源管理 ACPI
エンクロージャ 2U
拡張バス 下表
05-NOV-01現在の構成
ProLiant DL380 G2
拡張バス
slot bus bit/MHz voltage hot- plug equip
#3 PCI3rd(peer) 64bit/66MHz 3.3/5V =空
#2 PCI3rd(peer) 64bit/66MHz 3.3/5V =空
#1 PCI2nd(peer) 64bit/33MHz 5V NA =空

*BSDの動作確認情報

FreeBSD R4.3
FreeBSD R4.4
FreeBSD R4.5
FreeBSD

オンラインスペアメモリについて

 オンラインスペアメモリの状況は FreeBSD上からは確認できません。NVRAMに書き込まれたログも FreeBSDから確認する方法がありませんので、実質利用できません。

PCIホットプラグについて

 FreeBSDでは PCIのホットプラグ機能はサポートされていません。システム稼動中に PCIホットプラグボタンを押したり、スロットの開閉を行わないで下さい。NMIエラーが発生し、システムが自動的に再起動します。

メモリ認識量について

 FreeBSDでは 4GBまでメモリの認識が可能です。但し、R4.3だけは 4GB未満でしか利用する事ができませんでした。詳細はサイト内リンクFAQをご覧ください。

OSを *BSDとした場合の制限事項

  • UID(位置確認用 LED)の遠隔操作は FreeBSD用ツールが無いため利用できません。
  • 添付の管理ツール InsightManagerは FreeBSD未対応のため使用できません。
  • ASR(自動サーバ復旧)機能は FreeBSD用エージェント未対応のため動作しません。
  • サーバコンポーネンツの 事前予防保証は InsightManager及びデバイスドライバが FreeBSD未対応のため行いません。
  • また、特に記載の無い機能については動作しないか、または動作確認を行っておりません。
  • その他、特に記載されていないデバイスで OS上のドライバやモジュールを必要とする機能は全て動作しません。あくまで PC/AT互換機としての運用になります
infomation 製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項