Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア  >  *BSD

内蔵SmartArrayコントローラ

*BSD

did you know?

導入事例
リンク
What's New[BSD]

product

ハードウェア
サービス
全製品価格一覧
PDFカタログ

support

技術文書
FAQ
保証について
非動作レポート

他のPC UNIX系

Linux
サイトマップ
HPE製品にLinuxを導入される方向けに、必要な技術情報をご紹介します。
コンテンツに進む
revised 25-FEB-02
 本ページの内容は限られた評価環境における動作結果、動作させるための情報を報告しているだけであり FreeBSDの全ての動作を保証するものではありません。また、動作確認に関する情報等はあくまでも 動作確認であり、動作の保証をするものではありません。詳細な情報についてはサイト内リンク保証についてをご覧ください。

内蔵SmartArrayとは・・・

integrated SmartArray controller  内蔵SmartArrayコントローラは、Symbios(現 LSI Logic) 53c1510コントローラとの組み合わせで SmartArrayモードでの動作を行います。

 FreeBSDでは R4.1からインストーラが自動認識します。
FreeBSD-tested systems

インストーラにて自動認識・起動可能な *BSD

FreeBSD R4.1
FreeBSD R4.2
FreeBSD R4.3
FreeBSD R4.4
FreeBSD R4.5
FreeBSD R4.6
FreeBSD R4.7
FreeBSD

オートリビルド機能の制限について(R4.1〜R4.3まで)

 FreeBSD R4.1〜R4.3と内蔵SmartArrayを組み合わせた場合の制限事項として、システム稼動中のオートリビルド機能は利用できません。ディスクのリビルドを行うには、システムの再起動を掛ける必要があります(この問題は FreeBSD R4.4で解決しました)。

 この問題はホットスペアが存在している場合、していない場合共に同様に存在する制限事項です。また、故障した HDDを交換した場合に対しても同様の制限があります。このため、RAID論理ドライブのリビルドを行うためには、システムの再起動が必ず必要になります。

 システムの再起動後画面に下記のメッセージが表示されますので、故障した HDDを修理したか否かによって対処してください。
  • 故障した HDDを修理している場合・・・[F1]を押して RAID論理ドライブのリビルドを指示して起動する
     COMPAQ Integrated SmartArray Controller (ver x.xx) 1 Logical Drive(s) 
      Select "F1" to continue with recovery of data to drive(s)
      Select "F2" to continue without recovery of data to drive(s)
  • 故障した HDDを故障のまま、もしくは取り外している場合・・・[F2]を押して起動する
     COMPAQ Integrated SmartArray Controller (ver x.xx) 1 Logical Drive(s) 
      Select "F1" to continue - all logical drive(s) will remain disabled
      Select "F2" to fail drive(s) that are not responding - Interim Recovery
           mode will be enabled if configured for fault tolerance

オートリビルド機能を利用するには・・・

 FreeBSD R4.4から、内蔵SmartArrayコントローラを利用してもオートリビルド機能が利用できる様になりました。内蔵SmartArray環境では R4.4をご利用ください。

 R4.4よりも古い RELEASEを利用しなくてはならない場合は、R4.3から サイト内リンクSmartArray 431コントローラが、インストール時点から利用できる様になりましたので、内蔵SmartArrayコントローラを利用せずに、SmartArray 431を利用してください。
infomation 製品に関する詳細はサイト外リンクこちらをご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項