Jump to content 日本-日本語
製品  >  ソフトウェア

whitepaper

HP Systems Insight ManagerでのSNMP MIBのコンパイルおよびカスタマイズ

HP Systems Insight Manager

目次

概要
  MIBマネジメント ツール
  MIBのコンパイルの問題に関するトラブルシューティング
  付録:「即座に使用可能な」MIBサポート
  詳細情報の入手先

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、283KB)
コンテンツに進む

MIBのコンパイルの問題に関するトラブルシューティング


重要:

  MIBのコンパイルに関するほとんどの問題は、元のハードウェア ベンダが提供するソースMIBの構文エラーが原因となっています。非常に多くの数のMIBがあるため、HPがテストおよび動作確認できるのは、デフォルトでHP Systems Insight Managerに付属しているMIBだけです。他のMIBをHP Systems Insight Managerでコンパイルする場合は、編集しなければならないことがあります。  

mcompileのトラブルシューティング


  • コンパイルするMIBファイルに別のMIBからのインポートが含まれている場合は、コンパイルするMIBファイルと同じディレクトリに、インポートするMIBファイルも配置する必要があります。
  • MIBファイルのコメント行は、「-」で始まり、改行か「-」で終わります。行全体に「-」が含まれるMIBに注意してください。この行は、コメントを意図したものです。ただし、余分なダッシュと最初のセットの「-」が打ち消しあっています。一般には、コメント行では、コメントであることを示すために「--」のみを使用します。その行では、余分な「--」は許可されません。
         例:
              -- xyzでは、xyzがコメントになります。
         ところが
              -- -- xyzとなっていれば、結果的にxyzのコメントは解除されます。
  • mcompileでは、行のモジュールの末尾にENDキーワードが期待されます。MIBファイルのENDキーワードの後に新しい行があることを確認してください。
  • mcompileでは、標準データ型の再定義が許可されていません。コンパイルするMIBにこのような再定義が含まれている場合は、コメントしてからmcompileを実行してください。

mxmibのトラブルシューティング


  • MIBファイルがMIBディレクトリにあり、登録されていたMIBファイルと同じ名前の場合、CLIは、そのMIBファイルを登録済みとして示します。
  • mxmib -a <file.cfg>は、MIBディレクトリに配置されているfile.cfgに依存します。
  • 以前に登録されたMIBの再登録には、時間がかかる可能性があります。まず、登録を解除してから、再登録することをおすすめします。
前のページへ 次のページへ
Acrobat Readerダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項