Jump to content 日本-日本語

製品 >  ソフトウェア

Whitepaper

HP Systems Insight Managerのセキュリティについて

HP Insight Manager

目次
概要
  通信プロトコル
通信のセキュリティ保護
証明書とキーの管理
ブラウザ
オペレーティングシステムへの依存
データベース
監査
コマンド ライン インターフェース
方法:設定チェックリスト
方法:ロックダウンと操作の容易さ
ポートリスト
PDFファイル ダウンロード
このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、88.1KB)
コンテンツに進む

通信プロトコル


SNMP


SNMP v1(Simple Network Management Protocol v1)は、システムに関するデータを収集するための、主要プロトコルの1つです。SNMPトラップは、HP Systems Insight Managerにステータスの変化やシステム上のイベントを通知するために使用されます。SNMPでは要求や応答、トラップが送信先に確実に到達することは保証されないため、SNMPは保証されたプロトコルではありません。
SNMPのセキュリティ機能は、要求に含まれる、パスワードによく似た平文のコミュニティ名だけです。SNMPデータは暗号化されないため、ネットワーク上でペイロード全体が簡単に盗聴される可能性があります。管理対象システムのオペレーティング システムは、有効な要求に対するIPアドレス制限など、SNMPに対する別のセキュリティ機能を提供できます。

HTTP


HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)は、識別中に、管理対象システムに関するデータを取得するために使用されるもう1つの主要プロトコルです。HTTPも安全なプロトコルではなく、ネットワーク上で簡単に見ることができます。HTTPのセキュリティ保護されたバージョンは、HTTPSです。このプロトコルについては、あとで説明します。

WBEM


WBEM(Web-Based Enterprise Management)は、管理対象システムのデータを取得するための別のプロトコルです。このプロトコルは、基本的には、HTTP上のXMLです。

DMI


DMI(Desktop Management Interface)は、データ管理のための従来のプロトコルで、現在では、ほぼWBEMに取って代わられています。DMIは、DCE/RPC(Distributed Computing Environment Remote Procedure Call)に基づくセキュリティ保護されていないプロトコルです。

RMI


Java™ RMI(Remote Method Invocation)は、CMS内でプロセス間通信にのみ使用されます。

リモート ウェイクアップ


リモート ウェイクアップは、電源が「ソフトオフ」されているシステムの電源をリモートからオンにする機能を意味します。ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)をサポートするシステムは、そのシステムに対する任意のネットワーク動作により、透過的に起動されます。また、システムがMagic Packetテクノロジをサポートする場合もあります。システムの電源が切断されている場合でも、Magic Packet対応のNICには電源が投入されておりトラフィックを監視しています。そのNICがNIC宛てのMagic Packetを受信すると、システムに電源が投入されます。

ICMP


ICMP(Internet Control Message Protocol)は、システムの自動検出の過程で、システムに対する他の要求に先立って、システムが応答するかどうかを確認するために使用されます。ICMPエコー要求(ping)は、システムのIPアドレスに送信されます。正常な応答を受信できれば、システムが起動しており応答していることを確認できます。

IPX


SAP(Service Advertising Protocol)は、IPXシステムを検出するために使用されます。ファイル サーバ タイプに対するSAP一般サービス クエリは、ブロードキャストです。応答があれば、1台以上のシステムが存在することがわかります。DiagRequestは、IPXシステムへの"ping"として使用されます。応答を受信できれば、システムが起動しており応答していることを確認できます。

  前のページへ 次のページへ

Acrobat Readerダウンロード PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項