support
 

実験工房: 今、そこにある機器... CDRW-i16J/US2

revised 10-JUN-02

 ードパーティ製品の動作結果を公開します。この動作結果は、弊社製品のデバイス周り、ディストリビューションのモジュール・ドライバ等の動作検証時に用いた結果をもとにしています。但し、これらの製品が本ページに記載されている方法で動作することを HPは一切保証いたしません
 
 
infomation  これらの動作結果報告は、弊社製品のデバイス周り、ディストリビューションのモジュール・ドライバ等の動作検証時に用いた結果をもとにしています。
 
 
USB CD-RWデバイス(下記は RH71での結果)
CDRW-i16J/US2 vendor:IO DATA
prod.:サイト外リンクCDRW-i16J/US2
bought:JUL'01
etc.:USB 1.0, 2.0両対応, iCONNECT対応
console message(USB取り付け)
#dmesg(USB取り付け)
#dmesg(USB取り外し)
#cat /proc/scsi/usb-storage-0/0
 
USB接続するだけで /dev/cdrom1(/dev/scd0)として利用可能。下記の手順で動作確認を行った…
#eject (-t) /dev/cdrom1 でトレイの開閉可能
#mount /dev/cdrom1 /mnt/cdrom で /mnt/cdrom1下へマウント可能
/dev/cdrom1デバイスを CD-ROMとして利用可能
 
CD-Rとしての利用は、下記の方法で確認…
#mkisofs -T -J -r -o vcdrom.img /usr/share
#mount -t iso9660 -o loop=/dev/loop1 -o rockridge vcdrom.img /mnt/cdrom
#ls -lR /mnt/cdrom
#umount /mnt/cdrom
#cdrecord -scanbus"0,0,0"を確認
#cdrecord -v -data dev=0,0,0 vcdrom.img 2>&1|tee log
#eject /dev/cdrom1
#eject /dev/cdrom通常の CD-ROMドライブへメディア移動
#eject -t /dev/cdrom
#mount /mnt/cdrom
#ls -lR /mnt/cdrom
#eject /dev/cdrom
 Win環境からも Joiletとしてロングファイルネーム確認...okay!
 
CD-RWとしての利用は、下記の方法で確認…
#cdrecord -v -data dev=0,0,0 vcdrom.img
#mount /mnt/cdrom1
#ls -lR /mnt/cdrom1
#cdrecord dev=0,0,0 blank=fast
#mkisofs -R -o vcdrom2.img /etc
#cdrecord -v -data dev=0,0,0 vcdrom2.img
#mount /mnt/cdrom1
#ls -lR /mnt/cdrom1
#eject -t /dev/cdrom1
 Win環境から確認...okay!
 
X-CD-Roast(v0.98alpha8)Setupで自動認識可能。Blank CD-RW作業は 11.879sec(blank)、156.57sec(ある程度書込済)で完了。
 
 
備考
初回、接続時のみ /var/log/messagesに Jul 28 00:00:07 localhost kernel: usb-uhci.c: interrupt, status 3, frame# 453等の frame messagesが激しく記述される(RH71で確認)。
本機は、接続コネクタ(i-CONNECT)を変更することで、USB, IEEE 1394等に変更できるドライブである。ちなみに中身は IDEドライブである。
 
 
動作確認したシステム
Deskpro EN SF(i815E), BIOS v2.04 and Red Hat 7.1
Evo Desktop D500 SF(Celeron), BIOS v3.10A and Red 7.1/7.2,Kondara 2.0,Turbo 7WS
Evo Workstation W8000, BIOS v1.05 and Red 7.1/7.2,Kondara 2.0,Turbo 7WS
Evo Workstation W6000, BIOS v1.05 and Red 7.1/7.2,Kondara 2.0,Turbo 7WS
Evo Workstation W4000SF, BIOS v1.05 and Red 7.1/7.2,Kondara 2.0,Turbo 7WS
Evo Workstation W4000, BIOS v2.04 and Red 7.1/7.2,Kondara 2.0,Turbo 7WS
BL10e, BIOS I03-03/29/2002 and Red 7.2(起動可能)
Linux Top>/dev/nullaskattentionHP Top