イベントの概要・集客結果


製造業向けITソリューションから科学技術計算分野のソリューション、さらに、昨今話題となっているディープラーニングからIoT、エッジコンピューティング、オブジェクトストレージなどの最新ソリューションをグローバルの事例を交えてご紹介するイベントを開催。

HPEのブースだけでなくスポンサー様のブースにも様々な展示をご用意して頂き、定員250名のイベントに対し265名のご参加と、定員を超えるお客様にご来場いただきました。


日程 2016年5月19日
場所

渋谷 ヒカリエホール

主催 日本ヒューレット・パッカード株式会社
ゴールドスポンサー スキャリティ・ジャパン株式会社
メラノックステクノロジーズジャパン株式会社
エヌビディア合同会社
シルバースポンサー 日本AMD株式会社

基調講演


基調講演では、昨今のビジネスに対するITの関わり方の変化とそれに対応したHPEのTransformation Area戦略を紹介。そしてデータ指向経営を実現するためにHPEがどのような製品やソリューションを提供していくかを示しました。


また、インテル株式会社様よりShesha Krishnapura氏が近年のスケールアウト型ソリューションの成長とデータセンターが抱える課題について熱弁されました。 お客様からは「製品戦略をよく理解できた。HVDCと様子がよくわかった。」といった評価を頂きました。


展示ブース


展示ブースには、HPEからはApollo 2000やMoonshotなどの既存スケールアウト型製品の他、最大で8枚のGPUを搭載可能な最新のApollo 6500といった製品を展示。また、eVDIやBig Data向けソリューションの実演デモが行われました。多くのお客様にご訪問頂き、中には技術的な内容についてディスカッションを交わす場面もありました。


スポンサー様のブースには最新のGPUやInfiniband、SDSソリューションといった、本イベントの趣旨に沿った展示をご用意頂きました。こちらにも多くのお客様が訪問し、展示内容について関心を示されていました。


分科会セッション


Big DataやIoT, eVDIといったテーマ毎に、それぞれのスペシャリストやスポンサー様にご登壇頂き、各社の最新のテクノロジーや今後の戦略や事例を交えながらご紹介いただきました。中でも「IoTとエッジコンピューティングの新しい世界」「eVDI最新事情」「The Machine最新アップデート 」といったセッションには100名を超える多くのお客様にご参加頂き、関心の高さが伺えました。率直な内容や将来に向けた内容にご好評を頂きました。


まとめ


本イベントでは、HPCやIoT, Big Dataといった分野において、HPEがどのような戦略で製品やソリューションを展開していくかを明確に示しました。単なる事例紹介や製品紹介ではなく、より具体的な内容に踏み込んだプレゼンテーションも多く、お客様にご好評頂きました。今後、デモや検証を行いたいといったご要望も多く頂いており、イベントを通して非常に前向きな成果が得られました。今後もHPEのスケールアウトソリューションにご期待下さい。