次世代を見据えたテクノロジーイノベーションのアイデアを募集したTech Power Club イノベーションチャレンジ2016へたくさんのご応募、誠にありがとうございました。


皆様の技術にかける熱い想いを存分に感じつつ、審査にあたっては今回も審査員一同、非常に頭を悩ませました。
厳正なる審査の結果、特別賞(HPE Discoverへの招待)は日本電気株式会社松友進一郎様へ決定いたしました。
今回、特別賞は1枠のみとなってしまったこと、審査に時間がかかりましたこと、あわせてお詫び申し上げます。 また、2次審査を通過した皆様の分と合わせて成果物は別途掲載してまいります。

【ミッションクリティカル】
[受賞者] 日本電気株式会社 松友 進一郎 様
[タイトル] Java AP実行基盤としてのNonStopの真のミッションクリティカル優位性
[概要] 高性能領域で存在するHA(Oracle,RHEL)とのトレードオフを無くすために、NonStop Xの投入によるXeon化やInfiniBand化などHWによる性能向上に加え、高性能領域でボトルネック改善を図るSWモジュール強化に向けたPoC(Proof of Concept)で関連プロダクトの能力を最大現に引き出すことに成功。あわせて、NonStopによるJava AP実行基盤の「標準化と差別化の両立」によるコモディティ領域侵食に向けJBossに対するNSASJ優位性を徹底的にベンチマークし、NonStopの真のミッションクリティカル優位性を導出した。
[選考理由] Nonstop上のJava AP実行基盤に対する詳細かつ綿密な検討検証作業が実施されており、その内容は非常に完成度の高いものでした。堅牢なミッションクリティカル領域への新しい潮流を生み出すチャレンジとして、イノベーション、有用性、将来性の観点での優位性のみならず、受賞者の熱い情熱を感じました。