Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

仮想環境におけるSQL Server 2014 のスケーラビリティを実証

OLTP負荷テストにおけるピーク時のスループット
OLTP負荷テストにおけるピーク時のスループット

仮想NUMAでもオーバーヘッドゼロに近いパフォーマンスを実証

インテル、マイクロソフト、HPは3社共同で高性能のインテル® Xeon® プロセッサー E7 v2 ファミリー搭載の HP ProLiantDL580 Gen8での4ソケット60コアのデータベース処理性能を検証するベンチマークテストをおこないました。 その検証の結果、Microsoft® SQL Server® 2014 を利用するアプリケーションにおいてNUMA環境と仮想NUMA(vNUMA)環境の 間に大きな差異はなく、仮想マシンのスケールアウトにも性能劣化が発生しないことを実証しました。
ベンチマークテストの設計は、日本マイクロソフト株式会社サーバープラットフォームビジネス本部アプリケーションプラット フォーム製品部 技術顧問の熊澤幸生氏がおこなっています。

本文はPDFファイルでご覧ください。
続きを読む(PDF 392KB)

目次

仮想NUMAでもオーバーヘッドゼロに近いパフォーマンスを実証 1
仮想NUMAにおけるデータベース処理の実現 1
限りなくCPUを使い切るテストツールのチューニング 2
仮想環境の性能を裏付ける新しいアーキテクチャー 2
スケールアップ係数値に近いリニアなパフォーマンス向上も確認 4
続きを読む(PDF 392KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡