Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

Cleversafe とHP ProLiant SL4540 Gen8 で実現するオブジェクトストレージ

Cleversafe のアーキテクチャとHP のハードウェア
図1:Cleversafe のアーキテクチャとHP のハードウェア

はじめに

業界の分析によれば、データの増加が今急速な勢いで進んでいます。増加ペースは1 年当たり約50%で、新しいデータの50%〜80%が非構造化データと長期保管データと推定されています。従来の大企業向けストレージサブシステムは、企業の重要な取引データを遅延なく処理したり複製したりできるストレージとして設計されています。しかし、このようなシステムは、非構造化データや長期保管データにとって必ずしも最適なソューションとは言えません。このようなデータでは、大規模なスケールアウトが可能で、ソリューションのコストを削減できることの方が重要だからです。

本文はPDFファイルでご覧ください。
続きを読む(PDF 1.12MB)

目次

はじめに 2
HP SL4500シリーズ 3
MapR M7の概要 3
MapR M7エディション 5
MapRサービスの展開 6
高可用性の考慮事項 6
展開前の考慮事項 6
オペレーティングシステム 7
計算処理 7
メモリ 7
ストレージ 7
ネットワーク 8
MapRクラスターでのデータの入出力 9
スイッチ 9
HP Insight Cluster Management Utility 10
サーバーの選択 11
リファレンスアーキテクチャー 16
単一ラックのMapR M7構成 16
中規模クラスター(2ラック)のMapR M7構成 19
マルチラッククラスターのMapR M7構成 21
エッジノード 23
まとめ 24
詳細情報 26
続きを読む(PDF 1.12MB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項