Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HP ProLiant Gen8サーバー上でのLinuxによるNICの列挙
Red Hat Enterprise Linux 6.1  テクニカルホワイトペーパー

インストール中にbiosdevnameを有効化
図1:インストール中にbiosdevnameを有効化

要約

Linuxをご使用のお客様は、サーバープラットフォーム上で確定的かつ永続的なネットワークデバイス名が維持されるものと期待します。 デバイス名が永続的であれば、ネットワークデバイスの順序が再起動後も変わりません。デバイス名が確定的であれば、Linuxの制御下にあるネットワークデバイス名がサーバー筐体上のポートラベルに一致します。Linuxの制御下にあるネットワークデバイスは、追加のネットワークアダプターをシステムに挿入した場合でも、最初のデバイスラベルが内蔵ネットワークコントローラーに維持されるのが理想的です。本書では、ProLiant Gen8サーバーのプラットフォームファームウェアに実装される業界標準ソリューションに対するHPのサポートの概要を記述し、Red Hat Enterprise Linux v6.1 (RHEL6.1) 以降でソリューションをどのように使用できるかを示します。

本文はPDFファイルでご覧ください。
続きを読む(PDF 768KB)

目次

要約 2
概要 2
Gen8上のSMBIOSベースのソリューション 4
RHEL 6.1とbiosdevname 5
まとめ 7
詳細情報 8
続きを読む(PDF 768KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項