Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

インテル® Xeon® プロセッサー E7ファミリー時代のマルチプロセッサー環境での高速化のアプローチと留意点

OLTPベンチマーク性能(マルチインスタンスによる性能向上)
OLTPベンチマーク性能(マルチインスタンスによる性能向上)

マルチプロセッサー環境の高速化

近年、ネットワークを介したビジネスやコミュニケーションが日常化したことで、企業が扱うデータは爆発的に増加しています。ITの成熟期を迎えた今日では、ビジネスをIT化するだけに留まらず、従来のITインフラの効率化や高速化が求められ、その要求を解決するための様々なアプローチが取られています。
本書では、高速化のアプローチのひとつであるマルチプロセッサー環境での「スケールアップ」について説明します。さらに、インテル、レッドハット、日本ヒューレット・パッカードの3社にて実施しました共同検証を例に、その際の問題点と解決策をご紹介いたします。

つづきを読む(PDF 733KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 733KB)

マルチプロセッサー環境の高速化 2
はじめに 2
高速化のアプローチの推奨マルチプロセッサー環境 3
パフォーマンスのボトルネック解消法 5
パフォーマンスのボトルネックとなる問題点 5
CPU/メモリのボトルネック解消法 5
ストレージI/Oのボトルネック解消法 8
アプリケーションのボトルネック解消法 9
ベンチマークによるボトルネック解消の実例 11
ベンチマークの目的 11
検証環境 11
HDDとHP PCIe IOアクセラレータとの性能比較 11
アプリケーションのボトルネック解消 13
参考資料 17

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 733KB)

Intel、インテル、Intelロゴ、Itanium、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項