Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

アーキテクチャー概要:HadoopとHP

HadoopにかんれんするHP ProLiantサーバーの各種密度
Hadoopに関連するHP ProLiantサーバーの各種密度
Hadoopの成功、つまり、利用が広がり認められた背景には、いくつかの要因があります。冗長性を備えたコモディティコンポーネントの使用により優れた耐障害性を実現していることが最も卓越した特長ですが、同じくらい重要視されている点に適用可能な範囲が広いということがあげられます。多くのHadoop構成はインターネットログファイルを効率的に解析するために利用されていますが、画像やドキュメントの形式変換など計算量の多いタスクを処理するための構成もあります。I/Oサブシステムに大きな負荷がかかるジョブもあれば、クラスターの計算能力に負荷がかかるジョブもありますが、Hadoopはどちらにも対応可能です。しかし、構成の費用対効果は、ワークロードの組み合わせとハードウェアの特徴を適合させることで大きく変わってきます。計算リソースに比べ大量のデータストレージが必要な環境や、実行中に大量のI/Oを処理するジョブには、堅牢なストレージを使用した構成が適しています。一方、計算が主となる導入環境では、プロセッサーのパフォーマンスに留意することで、大きな効果を得られます。ワークロードのサイズも重要です。これは、大規模なジョブではインターコネクトに大きな負荷がかかる傾向があり、システムのネットワークの側面に注意を払う必要が生じるからです。

つづきを読む(PDF 485 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 485 KB)

HP ProLiantサーバー上で稼動するHadoop 2
概要 2
Hadoopのハードウェアコンポーネント 2
ストレージ 2
メモリ 3
計算処理 3
ネットワーク 3
サーバーの構成 4
推奨されるハードウェア構成 4
JobTracker、NameNode、Secondary NameNode 4
TaskTracker、DataNode 4
ネットワークスイッチ 5
概念実証 - 小規模システムから大規模システムまでのHadoopハードウェアコンポーネント 6

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 485 KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項