Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

Windows Server® 2008 FoundationおよびWindows Server® 2008 R2 Foundation用プリインストール オペレーティング システム ソフトウェア ユーザー ガイド

Windows Server® 2008 FoundationおよびWindows Server® 2008 R2 Foundation用プリインストール オペレーティング システム ソフトウェア ユーザー ガイド
ライセンス図
このガイドでは、次のプリインストール オペレーティング システムのインストールを完了するための手順を示します。 オペレーティング システムは、サーバーの出荷前に、サーバーのディスク ドライブにあらかじめロードされています。最新ドライバーはサーバーのディスク ドライブにダウンロードされ、あらかじめロードされたオペレーティング システムに統合されています。

サーバーのオペレーティング システムの通常のインストール プロセスは、サーバーにあらかじめロードされているため短縮されます。インストール時間は約30分ですが、CDによる平均的なインストール時間では90分にもなります。インストール中に、サーバー名、IPアドレス、および地域設定などのユーザー固有の情報を入力する必要があります。

つづきを読む(PDF 461 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 461 KB)

概要 4
はじめに 4
特長 4
情報の収集 6
出所に関する証明書 6
インストール 8
オペレーティング システムのインストール前に 8
オペレーティング システムのインストール 9
Windows Server 2008 Foundationオペレーティング システム 9
Windows Server 2008 R2 Foundationオペレーティング システム 9
署名済みドライバー 10
新しいハードウェアの検出ウィザード 10
自動設定 11
インストール後の作業 12
Microsoft Windows Server 2008 Foundationへのログイン 12
管理者パスワードの変更 12
地域設定の変更 12
Microsoftインターネット インフォメーション サービスのインストール 13
Lights-Out管理機能のインストール 13
ディスク ドライブの設定 14
追加のページ ファイルの作成 14
各HP UPSモデルの稼働時間 12
テープ ドライブのインストール 15
イベント ログ エラー 15
サーバーのバックアップ 15
ネットワーク プロトコルの設定 16
リモート アクセス サーバーのセットアップ 16
Java Virtual Machineのインストール 16
BitLockerドライブ暗号化の有効化 16
VMware仮想マシンでのインストール 17
インストール後の作業(HP ProLiant 300シリーズ サーバーのみ) 18
Webベース マネジメント ユーティリティ 18
HPマネジメント エージェントのインストール 18
ネットワーク チーミングおよび設定ユーティリティのインストール 19
HP Software Update Manager(HPSUM)の使用 19
アレイ コントローラーの設定 19
マネジメント エージェントの使用 20
トラブルシューティング 21
オペレーティング システムの再インストール 21
頭字語と略語 22

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 461 KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項