Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HP UPSのベストプラクティス

HP UPSのベストプラクティス
HP UPS Management Module webインターフェイス
本書は、HP UPS(無停電電源装置)を適切に配備して、最小限のコストで機能を最大限発揮させるためのベストプラクティスについて説明するものです。HPのUPSはすべて、サーバーなどの重要な電子機器に対して優れた電源保護を提供するように設計されており、また貴重なラックスペースを有効に利用する高密度設計のラックマウント型UPSのモデルもあります。HP UPSは、停電、電圧低下、電圧スパイク、電圧サージ、過電圧、商用電源ノイズ、周波数変動といった、損害をもたらしたりコスト高となる電源の異常から、精密機器を保護します。

サーバーやコンピューターシステム、その他の重要なネットワーク機器を保護するために、HPは、750VA〜5000VAの範囲に対応するUPSシリーズを開発しました。このUPSにより、高い信頼性と可用性、アップタイムを確保できます。さらに付属のパワーマネジメントソフトウェアを使用すれば、UPSを継続的に監視および管理できま。

つづきを読む(PDF 1.99 MB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.99 MB)

概要 2
はじめに 2
電源保護の重要性 2
推奨される使用期間 2
バッテリ交換 3
負荷の適切な選択とUPSのサイジング 3
使用電圧の選択(低電圧と高電圧) 3
HP UPSの管理 3
HP Power Managerソフトウェア 3
HPマネジメントモジュール(AF401A) 4
ラックマウント型UPSのモデル番号 6
タワー型UPSのモデル番号 6
UPSオプション 6
HPラックマウント型UPSの利点 6
HPラックマウント型UPSのモデル 8
HP R1500 G2ラックマウント型UPS 8
HP R/T3000ラックマウント型UPS 9
HP R5500ラックマウント型UPS 10
HPタワー型UPSの利点 11
HPタワー型UPSのモデル 11
HP UPS T750 G2、T1000 G3、T1500 G3 11
各HP UPSモデルの稼働時間 12
推奨されるパワーディストリビューションユニット(PDU) 13
潜在的な問題の回避 13
世界の電力要件 14
UPS/PDUの電源コードプラグと電源ソケット一覧 17
追加情報 18

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.99 MB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項