Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

業界標準サーバー向けEthernetテクノロジーの最新動向

業界標準サーバー向けEthernetテクノロジーの最新動向
この技術概要では、データセンターで異なる種類のネットワークを統合するための基盤ネットワークテクノロジーとしてEthernetを使用するメリットについて説明します。Ethernetは、非常に一般的な相互接続方式です。IPベースの通信では、電子メール、Webブラウザー、管理、VoIP(Voice over Internet Protocol)、ビデオオンデマンド(VOD)、iSCSIなどのアプリケーション用にEthernetが使用されます。

帯域幅を向上させ、レイテンシを低下させる必要がある場合、現時点では、10GbEテクノロジーが最適なネットワークアーキテクチャーです。10GbEは、ネットワークの冗長性やコンバージェンスについてもさまざまな可能性を提供します。既存のネットワークアーキテクチャーの大半は、種類の異なるデータを管理するために、異なる種類のネットワークを使用します。異なる種類のネットワークや相互接続は、複雑さを増大するだけでなく、ネットワークファブリックを統合しようとする際に問題となります。IEEE-SAは、ローカルエリアネットワーク(LAN)、都市規模ネットワーク(MAN)、広域ネットワーク(WAN)、リージョナルエリアネットワーク(RAN)を1つに集約できる高速ネットワーク規格として、10GbEを設計しました。10GbEは、Ethernetをベースとしているので、10GbE規格に移行する場合にも、既存のインフラストラクチャ、テクノロジー、専門知識を活用できます。

つづきを読む(PDF 363 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF363 KB)

はじめに 2
10GbE 2
デュプレックス動作 2
CEE(Converged Enhanced Ethernet) 3
DCB規格 3
Gigabitデバイスと10GbEデバイスの相互運用性 5
コンバージドネットワーク 5
iSCSI 5
FCoE(Fibre Channel over Ethernet) 6
Ethernetの将来の方向性 7
EEE(Energy Efficient Ethernet) 7
40Gbおよび100Gb Ethernet 7
まとめ 8
付録A:用語集 9
付録B:HPがサポートする10GbEメディア規 11
10GbEの物理メディア依存接続 11
詳細情報 13
コメント送信のお願い 13

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF363 KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項