Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

DDR3メモリテクノロジー

図5.インテルXeon 5500番台メモリアーキテクチャー
DDR3では、DDR2メモリのパフォーマンスと容量を改善するさまざまなテクノロジーが使用されています。この技術概要書では、DDR3メモリで使用されているコアテクノロジーと、分散メモリコントローラーおよびオンプロセッサーメモリコントローラーを使用した新しいサーバーアーキテクチャーへのDDR3メモリの統合について詳しく説明します。本紙は、DDR3メモリテクノロジーを理解する必要のあるテクニカルプロフェッショナルを対象としています。

つづきを読む(PDF 481 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF481 KB)

概要 2
DDR3アーキテクチャー 2
DDR3 DIMMのタイプ 2
DDR3メモリの速度 2
メモリの電力消費量 3
コアDDR3テクノロジー 4
フライバイトポロジ 4
オンダイターミネーション 6
RDIMMのアドレスパリティチェック 6
DIMM温度センサー 6
DDR3メモリとNUMAシステムアーキテクチャー 7
古いサーバーアーキテクチャー 7
DDR3と新しいシステムアーキテクチャー 8
DDR3のメモリスループット 9
DDR3のレイテンシ 10
DDR3メモリによる最適なパフォーマンスの実現 10
システムスループットの最大化 10
メモリレイテンシの最小化 11
バランスの取れたメモリ構成の使用 11
まとめ 11
詳細情報 12
コメント送信のお願い 12

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF481 KB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項