Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  技術情報

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HP SmartアレイコントローラーおよびRAIDの基本的なパフォーマンスファクター

図10.さまざまなキューの深さとアレイサイズで実行される典型的なアレイベンチマークスイート
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
RAIDストレージテクノロジーは、約20年にわたり業界標準のサーバーで使用されてきました。その間に、ディスクドライブ、ストレージインターフェイス、RAIDコントローラーテクノロジー、および処理能力の大幅な進歩により、ストレージを取り巻く環境は変わり続けてきました。この技術概要書では、RAIDレベル自体、コントローラー、およびドライブテクノロジーを含め、今日、RAIDパフォーマンスを促進している基本ファクターの概要を説明します。

つづきを読む(PDF 1.20 MB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.20 MB)

概要 2
はじめに 2
HP Smartアレイコントローラーとパフォーマンス 2
Smartアレイ処理エンジン 2
Smartアレイキャッシュ 3
Smartアレイデバイスドライバー 5
SASリンク、ディスクドライブおよびアレイパフォーマンス 6
ディスクストライピングとパフォーマンス 7
RAIDレベル、ドライブ数、および読み取り性能 7
ランダム読み取り性能 7
シーケンシャル読み取り性能 8
RAIDレベル、ドライブ数、および書き込み性能 9
RAID 0の書き込み性能 9
RAID 1およびRAID 10(1+0)の書き込み操作 9
RAID 5およびRAID 6レベルの書き込み操作 10
ライトキャッシュ、Smartアレイプロセッサー、およびRAID書き込み性能 11
ランダム書き込み性能 12
シーケンシャル書き込み性能 13
その他のRAIDパフォーマンス特性 14
キューの深さ 14
スループット対レイテンシ 15
詳細情報 16
コメント送信のお願い 16

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF1.20 MB)
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項