Jump to content 日本-日本語

製品  >  BladeSystem  >  技術情報

whitepaper

技術資料

HPE BladeSystem

HPE ProLiant

キャンペーン

製品カタログ

技術情報

導入事例

サポート&サービス

旧製品情報

サイトマップ

 
 
コンテンツに進む

論理サーバの使用:HP Insight Dynamics - VSEによるデータセンタ管理の簡素化

バーチャル コネクト ドメイン グループ内で、HP BladeSystem論理サーバがアクティブなブレードからスペア ブレードに移動
このWhite Paperでは、論理サーバと、企業のITにおける仮想化の管理を大幅に簡素化して標準化する論理サーバの機能について説明します。HP Insight Dynamics - VSEソフトウェアにより、システム管理者は、サーバ ブレードまたは仮想マシンから論理サーバを定義し、これらのリソースを、統一された強力な一連の管理機能によって管理することができます。論理サーバによるアプローチは、サーバ インスタンスの基礎的な特性における技術的な相違にとらわれずに、管理者がそれらのサーバをプランニング、デプロイ、移動、調整、および管理することを可能にします。

論理サーバ管理の高度な機能により、管理者は、アプリケーションのワークロード要件を使用可能なリソースに素早く合致させ、優先順位の変化に合わせてリソースの割り当てを動的に調整することができます。論理サーバのシステム モジュールとストレージ モジュールは、それぞれ、仮想インタフェースを使用して定義されます。この仮想インタフェースを使用すると、これらのモジュールを個別に作成およびデプロイすることができ、従来のサーバ プロビジョニング プロセスで必要とされた管理コストを大幅に削減することができます。

つづきを読む(PDF 909 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 909 KB)

はじめに 2
概要 2
論理サーバの概要 3
HP Insight Dynamics - VSEソフトウェアを使用した論理サーバの管理 5
 仮想化の画面 6
 論理サーバの操作 7
 論理サーバの移動 8
  5-star rating 8
  ドラッグアンドドロップ 9
論理サーバ環境 10
 HP BladeSystem環境 10
  簡素化されたストレージ管理 11
  動的有効化および移動 12
  ソースおよびターゲット システムの互換性 13
 VMware ESX環境 14
  管理対象ノ―ド ソフトウェア 14
  移動タイプ 14
  自動同期化 15
 異機種の移行 16
 ネイティブ オペレーティング システム環境 16
  Microsoft Windowsホスト 16
  Linuxホスト 17
 将来の環境 17
結論 17
詳細情報 18

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 909 KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項