Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

ICE-Linuxによる監視の拡張

ICE-Linuxによる監視の拡張 このWhite Paperでは、サポートされていないハードウェアおよびソフトウェア環境のためにICE-Linuxによる 監視を拡張する技術の概要を示します。主な焦点はLinux®で動作しIPMI(Intelligent Platform Management Interface)をサポートするHP ProLiant DL100シリーズ サーバの設定ですが、互換性のあるハードウェアおよび ソフトウェアによる任意のプラットフォームにも応用できます。

つづきを読む(PDF 425 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 425 KB)

はじめに 2
ICE-Linuxの概要. 2
 Nagios 2
 マネジメント プロセッサによる収集 4
 OSエージェントによる測定値の収集 4
 Syslog収集 4
他のLinuxプラットフォームを監視する手順 4
 手順1:HP SIMでのシステムの検出 4
 手順2:SSHキーの確立とマネジメント エージェントのデプロイ 5
  エージェントとSSHキーの設定 5
  ICE-Linuxマネジメント エージェントのデプロイ 5
 手順3:ipmitool接続および認証情報の確認 6
 手順4:HP SIMへのマネジメント プロセッサ認証情報の追加 7
 手順5:ホストへのICE-Linuxライセンスの割り当て 7
 手順6:ICE-Linux管理サービスの更新 7
 手順7:addbmcユーティリティの実行 7
 手順8:管理データの再同期化 8
 手順9:メニュー オプションの更新 9
カスタマイズ 10
まとめ 12
詳細情報 13

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 425 KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項