Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

ICE-Linux CMSでのSELinuxの使用

ICE-Linuxは、Red Hat Enterprise LinuxまたはNovell® SUSE® Linux Enterprise Server(SLES)で動作するネットワーク上のシステムのより詳細かつ包括的な監視を可能にするHP Systems Insight Manager(SIM)の一連のプラグインです。ICE-Linuxは、イメージ プロビジョニングおよび管理のためのツールも提供します。
SELinuxは、Linux®カーネルの強制アクセス制御セキュリティ メカニズムです。SELinuxは、Linuxの標準の任意アクセス制御が適用された後の操作を検証する柔軟なセキュリティ実施のための追加層を提供します。

つづきを読む(PDF 278 KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 278 KB)

このWhite Paperについて 2
はじめに 2
前提条件 2
permissiveモードへの切り替え 2
違反データの収集 3
違反からのポリシーの作成 4
新しいポリシーの実施 5
SELinuxおよびシェル スクリプティング 6
付録A:/etc/selinux/configファイル 7
付録B:違反の例 8
 概要 8
 詳細 8
 アクセスの許可 8
 追加情報 8
付録C:local.teファイルの例 9
詳細情報 12

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 278 KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡