Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HP Systems Insight Manager 5.1以降用のカスタム ツール定義ファイルの作成

HP Systems Insight Manager 5.1以降用のカスタム ツール定義ファイルの作成 HP SIM 5.1は、すぐに実装可能なコマンドとツールのセットとともに完全に動作する状態で集荷されますが、上級ユーザは利用環境の管理作業を効率化するカスタム ツールおよびカスタム コマンドを作成することができます。このWhite Paperでは、特定の管理タスクのためにHP SIMによって使用されるカスタム ツールを作成する方法を説明します。

つづきを読む(PDF 897KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 897KB)

概要 3
はじめに 3
 ツール定義ファイルとは 3
 ツールのタイプ 4
HP SIM CLIによるカスタム ツールの手動作成 4
 ツールの要素と構造 4
 カスタムSSAツールの作成 5
 Web起動ツールのサンプル 8
 MSAツールのサンプル 9
 Enabling Remote Desktopツールのサンプル 10
 TDEFのHP SIMへの追加 10
 TDEFのHP SIMからの削除 11
 TDEFの変更 11
HP SIM GUIによるカスタム ツールの作成 12
 カスタム ツールの作成 12
  新規リモート ツールの作成 12
  新規CMSツールの作成 14
  新規Webページ ツールの作成 16
 カスタム ツールの管理 17
結論 18
付録A:ツール タイプ固有の要件 19
 SSA固有の属性 19
 MSA固有の属性 20
 WLA固有の属性 21
付録B:mxtoolコマンド パラメータ 22
付録C:パラメータ化された文字列 23
付録D:一般的なツール属性 25
付録E:ツール フィルタリング属性 27

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 897KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項