Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HP ProLiantのリモートサーバ管理におけるIPMI、SMASH、およびWS-Managementの役割

HPバーチャルコネクトとVMware Infrastructure 3 リモートサーバの管理が導入されて以来、ベンダーのテクノロジもIT組織の要件も大きく変化しました。今日では、データセンターやリモートサーバの配置におけるシステムの可用性とITの運用効率を向上させるために、管理ツールが大量に導入されています。その結果、幅広い種類の管理ツールが、サーバの購入を決定する上での一つの要素となっています。
この技術概要では、主なサーバ管理ツールであるIPMI、SMASH SM CLP、およびWS-Managementイニシアチブについて、これらと他の管理プロトコルとの関係、およびリモートサーバ管理を行う上で、HPがこれらのイニシアチブを実装することを選んだ理由について説明します。
つづきを読む(PDF 162KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 162KB)

概要 2
本書で使用している略語   3
管理規格に対する顧客要件   4
管理規格のコンポーネント   4
  データモデル   4
  管理プロトコル   4
  管理イニシアチブ   5
関連する業界標準と仕様   5
  SNMP   6
  WBEM   6
IPMIの概要 7
SMASHの概要   7
WS-Managementの概要 8
  セキュリティと信頼性   8
  汎用性   9
  サブスクリプションベースのイベント   9
  ネイティブOSの動作   9
HP ProLiant EssentialsおよびiLOへの実装 10
  iLOのサポート   10
  HP-SIMのサポート   11
まとめ 11
関連情報 12
ご意見をお寄せください 12

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 162KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項