Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

HPバーチャルコネクトとVMware Infrastructure 3

HPバーチャルコネクトとVMware Infrastructure 3 サーバブレードを外部ネットワークおよびストレージに接続する方法は、これまでスイッチとパススルーデバイスの2種類しかなく、どちらも長所と欠点がありました。パススルーデバイスは単純ですが、ケーブル数が多いため、ケーブル障害の可能性が増大していました。また、大量のケーブル配線を人為的ミス無しに行うためには複雑な管理方法が必要でした。一方、ブレードスイッチは必要なケーブル数を減らせますが、管理のためにLAN (ローカルエリアネットワーク)およびSAN (ストレージエリアネットワーク)管理者用のコンポーネントを追加する必要がありました。どちらの場合も、サーバタスクという非常にありふれた単純な作業を、数人で行う必要がありました。パススルーデバイスでもスイッチでも、サーバを追加または交換する際に、正しく変更を完了するためには、ストレージ、ネットワークおよびサーバの各管理者間で調整する必要がありました。
つづきを読む(PDF 521KB)

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 521KB)

はじめに 2
企業における仮想化   2
  HPバーチャルコネクト   2
  VMware Infrastructure 3   4
  HPバーチャルコネクトとVMwareの相乗効果   4
使用シナリオ   4
  新規サーバの導入   4
  高速リカバリ   6
機能テスト 9
まとめ   11
関連情報 12

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 521KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項