Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

Microsoft® Windows® 環境のHP ProLiantサーバでTCP/IPオフロードエンジンとReceive-Side Scalingを使用することによってもたらされるパフォーマンスと効率の向上

技術概要

Microsoft Windows 環境のHP ProLiantサーバでTCP/IPオフロードエンジンとReceive-Side Scalingを使用することによってもたらされるパフォーマンスと効率の向上 本文書では、TOE (TCP/IPオフロードエンジン)によって通信プロトコルスタック(TCP/IP)がホストCPUからネットワークアダプタに移され、それによってサーバのCPUサイクル要求が減少し、アプリケーションのスケーラビリティが増加する仕組みについて説明します。また、RSS (Receive-side Scaling)についても説明します。

つづきを読む(PDF 158KB)
 このページのトップへ戻る

目次

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 158KB)

概要 2
はじめに 2
TOE (TCP/IPオフロードエンジン) 2
TCP/IPの問題   3
  チェックサムオフロードと LSO (Large Send Offload)   3
TOEの実行に必要なもの 3
  TOEの仕組み   4
TOEによるパフォーマンスの向上 5
  TOEが役立つ仕組み   8
RSS (Receive-side Scaling) 8
  RSSの実行に必要なもの   8
  RSSが役立つ仕組み   8
関連情報 8

*本文はPDFファイルでご覧ください。
本文はこちら(PDF 158KB)
 このページのトップへ戻る

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項