Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要/ 本書について
  HP BladeSystem インターコネクト/Exchange のバックアップおよびリストア方法/バックアップ先のテスト
  テープへのバックアップ
  仮想ライブラリへのバックアップ
  ディスクへのバックアップ
  まとめ/詳細情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、941KB)
コンテンツに進む

HP BladeSystem における Microsoft Exchange Server 2003のバックアップとリストア

概要

  HP BladeSystemでMicrosoft® Exchange Server 2003(Exchange)を稼働すると、高いパフォーマンスと可用性が得られ、運用や管理が簡単なメッセージ交換環境を実現できます。このようなプラットフォームに格納されたビジネス情報はミッション クリティカルなリソースであり、法規制や社内規定による保管基準に基づいて保護する必要があります。本書では、このような情報の保護を目的に設計された幅広いバックアップおよびリストアソリューションと、サポートに関する主な考慮点を説明します。

HP BladeSystem で稼働する Exchange 向けバックアップソリューションは、従来のラックマウント型やタワー型サーバ向けのソリューションと類似しており、ファイバチャネルSANやイーサネット経由でデータベースをテープやディスク、仮想テープにバックアップできます。本書では、HPがこのような幅広いソリューションで実施したテストの内容、および主な構成、導入での注意事項を紹介します。

テスト結果は、テストシナリオに固有のものですが、同等構成の運用環境での参考としていただけます。
 

本書について

  本書は、Exchangeのバックアップおよびリストアプロセスに関して一般的な知識を持つ方を対象にしており、詳しい内容については取り扱いません。

また、主にHP BladeSystemでの Exchangeのバックアップおよびリストアソリューションを対象とするため、HP BladeSystemの用語に関する知識も必要です。
注記: 本書で扱わないHP BladeSystemアーキテクチャのコンポーネントの詳細は
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/bladesystem/
(http://www.hp.com/go/bladesystem (英語))を参照してください。

本書では、次の内容について説明します。

 
 
  • HP BladeSystem インターコネクト
    HP BladeSystemサーバでファイバチャネルおよびイーサネット接続を行う方法について説明します。
  • Exchange のバックアップおよびリストア方法
    Exchangeデータベースとログのバックアップとリストアを行う一般的な方法、特にストリーミングAPIによるバックアップ方法に重点を置いて説明します。

  • バックアップ先のテスト
    HPがテストしたバックアップ先とテスト環境について説明します。
  • テープへのバックアップ
    • 従来のテープソリューションを検証し、ディスクアクセスとテープアクセスに別のHBAを使用する必要性と、Storport ドライバ モデルの利点を説明します。
    • 互換性のあるソフトウェア、ファームウェア、ドライバを使用する重要性について説明します。
    • 同時実行レベルを1以上の値に設定する利点を説明します。
    • 実施したテストの内容と使用したツールの概要を説明します(ベースライン読み出しおよび書き込みテスト、NULデバイスを使ったベースラインバックアップ テスト、テープへのバックアップのテスト)。
    • 読み出しのバランスが最適ではないバックアップジョブについて詳しく説明し、スループットを向上する方法を提案します。
  • 仮想ライブラリへのバックアップ
    HP StorageWorks 6000 Virtual Library System(VLS6000)の概要と、テスト方法について説明します。
  • ディスクへのバックアップ
    ターゲットディスクを実装およびテストする方法と、2ステージバックアップ (ディスクへのバックアップを行ってからテープへのバックアップを行う)の利点を説明します。
  • イーサネットを介したバックアップ
    イーサネットを介したバックアップとテスト方法、そして、このバックアップ方法ではCPU使用率が増大する点を説明し、データ速度を高速化するオプションを紹介します。
  • まとめ
 

  次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項