Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要/はじめに
  HP BladeSystem p-ClassサーバのNIC/HP BladeSystem p-Classエンクロージャ
  HP BladeSystem p-Classインターコネクト/投資の保護と柔軟なインターコネクト
  まとめ/詳細な情報の入手先/お問い合わせ先

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、1.02MB)
コンテンツに進む

HP BladeSystem p-Class のネットワーク機能概要

概要

  本書では、イーサネットのネットワーク信号が HP BladeSystem p-Classコンポーネント内をどのように伝送 (ルーティング) されるのか説明します。また、サーバブレードと外部ネットワークインフラストラクチャとのネットワーク接続を提供するp-Classのパッチパネルやイーサネット スイッチインターコネクトオプションについても説明します。

本書は、HP BladeSystemに精通したエンジニアやシステム管理者を対象としています。HP BladeSystem の詳細は、http://www.hp.com/jp/bladesystem 、(http://www.hp.com/go/bladesystem(英語))を参照してください。
 

はじめに

  各 HP BladeSystem p-Classサーバ ブレードには、ネットワークインタフェースコントローラ(NIC) 1 が複数搭載されています。HP BladeSystemのサーバ ブレードエンクロージャにはシグナルバックプレーンが実装され、これを介して、サーバブレードNICから可用性の高いリダンダントなアーキテクチャのインターコネクトへ、イーサネット信号が送られます。HPは、サーバブレードエンクロージャから送出されるイーサネット信号やファイバ チャネル信号の要件に合わせて、6種類のインターコネクトオプションを提供しています 2 。提供されているインターコネクトオプションには、ネットワークケーブルを集束するイーサネットスイッチ オプションや、外部へのシグナルパススルーを行うパッチ パネルオプションがあります。

本書には、次の目的があります。

 
  • HP BladeSystem p-Classサーバ ブレードに搭載されているNICを紹介します。
  • イーサネットのネットワーク信号がp-Classサーバブレードエンクロージャを通してどのようにルーティングされるか説明します。
  • ユーザ環境に適したインターコネクト オプションを選択できるように、一覧表を掲載します。
  • 各インターコネクトオプションの概要を説明します。
 
  インターコネクトスイッチオプションの詳細は、ホワイトペーパー『HP p-Class CGESM Overview』3 と『HP ProLiant BL p-Class GbE2 Interconnect Switch Overview』4 を参照してください。  
1 内蔵 NIC では、システム ボードにイーサネット機能が実装されているので、イーサネット接続用の I/O スロットは不要です。
2 ファイバ チャネル信号のルーティングやオプションの詳細は、HP ProLiant BL p-Class SAN ストレージ接続テクノロジ http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00220357/c00220357.pdf (英語) を参照してください。
3 ftp://ftp.compaq.com/pub/products/servers/blades/CGESM-Overview-White-Paper-v6.pdf (英語)
4 http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00111950/c00111950.pdf (英語)

  次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項