Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに / HP BladeSystem 1U パワー エンクロージャのコンポーネント
  エンクロージャの機能
  インフラストラクチャの構成
  まとめ / 参照情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、1.42MB)
コンテンツに進む

HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャ:
サーバ ブレード エンクロージャ用 ホットプラグ対応、リダンダント電源


概要

HP BladeSystem p-Class1U パワー エンクロージャは、HP ProLiant BL p-Class サーバ ブレードのエンクロージャ1台に標準の単相 AC 電源からホットプラグ対応のリダンダント電源を提供します。HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャを適切に構成することにより、スモール オフィスやリモート サイトにブレードを導入するための理想的な電源ソリューションを構築できます。このテクノロジ ブリーフでは、1U パワー エンクロージャの操作および機能を説明するとともに、インフラストラクチャの構成において考慮すべき点についても触れます。本書は、読者が HP BladeSystem に精通していることを前提に記述されています。

はじめに

HP BladeSystem では、モジュラ コンポーネント構成により、IT システム管理者は、IT 要件の変化に応じて即座にインフラストラクチャを変更および拡張することができます。HP BladeSystem には、3U 電源サブシステムと 1U 電源サブシステムの、2つの電源サブシステム オプションがあります。本書では、1U 電源サブシステムだけを取り上げます。3U 電源サブシステムについては、www.hp.com/go/bladesystem を参照してください。

HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャを利用すると、フル構成の HP BladeSystem p-Class サーバ ブレード エンクロージャであっても、通電時にパワー サプライと AC 電源コードの冗長化が確保されます。IT システム管理者は、電源管理モジュールを使用して、エンクロージャ全体の電力消費を効率的に監視して管理することができます。

最適なパワー ソリューションを選択するためには、必要なサーバ エンクロージャ数、搭載するサーバ ブレードの種類、使用可能な電源の種類など、多くの要因を考慮する必要があります。HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャは、特に次の IT 環境に適しています。

 
  • インフラストラクチャにサーバ ブレードを使用する中小企業
  • 分散化されたサーバ ブレードを配備するリモート オフィスや支店
  • 単相電源が前提の IT 環境
 

HP BladeSystem 1U パワー エンクロージャのコンポーネント

HP BladeSystem 1U パワー エンクロージャは、ホットプラグ対応リダンダント パワー サプライとリダンダント AC 入力電源をサポートし、さらにサーバ ブレードおよびインターコネクトとは独立して機能するホットプラグ電源管理モジュールを提供することにより、高可用性をサポートします。

ホットプラグ対応リダンダント パワー サプライ

1U パワー エンクロージャには、各 2,000W の DC 定格出力電力を持つホットプラグ対応パワー サプライを、最大6個格納できます。内蔵されている6つのパワー サプライ ベイは、バスA とバスB の2つのサイドに、それぞれ3つずつ分配されています (図1と表1)。
 
図1. HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャ ベイ
図1. HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャ ベイ
 
表1.HP BladeSystem p-Class 1U パワー エンクロージャ ベイの説明
番号 説明 構成
1 パワー サプライ ベイ 1 バスA
2 パワー サプライ ベイ 2 バスA
3 パワー サプライ ベイ 3 バスA
4 パワー サプライ ベイ 4 バスB
5 パワー サプライ ベイ 5 バスB
6 パワー サプライ ベイ 6 バスB

パワー サプライを使用して 1U パワー エンクロージャでリダンダント構成にするには、ベイ 1〜3 に装着するパワー サプライと、ベイ 4〜6 に装着するパワー サプライを同数にしておく必要があります。

リダンダント AC 電源

リダンダント AC 電源では、ベイ 1〜3 には、ベイ 4〜6 とは別の分岐回路から AC 電力を供給しなければなりません。各ベイには、http://h18004.www1.hp.com/products/quickspecs/12330_div/12330_div.html の QuickSpecs の仕様に従って単相 AC 電力を供給する必要があります。分岐回路には、1U パワー エンクロージャにパワー サプライをフル装着して、サーバ ブレード エンクロージャに接続したときの最大電力要件に対応できる容量が必要です。

パワー エンクロージャの1サイドだけにパワー サプライを装着した場合には、電源サブシステムに冗長性は確保されません。AC の冗長性が不要の場合には、任意の3つのベイに3台のパワー サプライを装着することで、フル装備のサーバ ブレード エンクロージャに十分な電力を供給できます。

ホットプラグ電源管理モジュール

ホットプラグ電源管理モジュールは、電源サブシステム コンポーネントを監視し、新たに装着されたサーバ ブレードとインターコネクト スイッチの電源投入シーケンスを制御します。電源管理モジュールは、サーバ ブレード エンクロージャ管理モジュールにケーブルで接続されており、サーバ ブレードやインターコネクトの配置、パワー サプライの状態、およびヘルス ステータスなどの管理情報を通信します。

  次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項