Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / 本文中の記号
  はじめに
  用語集
  HPのシステムマネジメントアプリケーション / SNMPの概要
  HP Systems Insight Managerとパワーマネジメントアプリケーションの併用
  まとめ / 参照情報 / ご意見、ご感想

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、561KB)
コンテンツに進む

パワーマネジメント製品とHP Systems Insight Manager の連携
技術概要と設定方法

HPのシステムマネジメントアプリケーション

 
システム管理者は、HP が提供する強力なマネジメントソフトウェアにより、エンタープライズ全体を管理できます。HP は、各マネジメント アプリケーション間の互換性を維持し、アプリケーションを連携させることでエンタープライズシステムの統合管理を可能にしています。
 

HP Systems Insight Manager

HP SIM (Systems Insight Manager)ソフトウェアは、サーバ/ネットワークの管理機能を備えたツールです。これにより、システムのセキュリティや動作状況などのステータス情報を把握できます。HP SIM は、HTTP (HyperText Transmission Protocol)、SNMP、DMI (Distributed Management Interface) などのデータプロトコルを使用して、サーバ、スイッチ、その他の管理機能付きデバイスを検出、管理することができます。HP SIM は、システムエージェントと直接交信したり、他の管理アプリケーションと連携したりすることにより、障害やパフォーマンス上の問題を検出することができます。HP SIMにはローカルコンソールから、またはブラウザを使用してリモートからアクセスすることができます。

HP Power Manager

HP PM (Power Manager) は、Webベースのアプリケーションです。システム管理者は、ブラウザ形式のソフトウェアで HP製UPSを管理することができます。1台のUPSをローカルまたリモートで監視、管理、制御することが可能です。
操作性に優れたブラウザ インタフェースにより、マネジメント サーバにはネットワークから場所を選ばず安全にアクセスできます。システム管理者は、電源障害発生時の対処方法の設定とUPSのロードセグメントの定義ができるため、重要なサーバの稼働時間を最大限に延ばすことができます。また、UPSは、通常の電源供給が断たれたときに重要なデバイスの稼働時間を優先的に延長させるような設定も可能です。ほとんどの UPS では、背面パネルの電源コンセントが 1 つ以上のグループに分割されています。これを、ロード セグメントと呼び、各セグメントを別々に制御することが可能です。電源障害が発生したとき、比較的重要度が低い機器類が接続されたロードセグメントをシャットダウンすると、優先すべき機器の稼働時間を延長することができるため、システム稼動上の安全性が向上します。

HPラックアンドパワーマネージャ

HP RPM (ラック アンド パワー マネージャ) は、エンタープライズ環境で使用するアプリケーションです。多くのユーザがローカル、リモートを問わず数多くのデバイスにアクセスし、管理しなければならないデータ センタ環境に、総合的なデバイス管理機能を提供します。操作性に優れたブラウザインタフェースにより、マネジメント サーバにはネットワークから場所を選ばず安全にリモートアクセスできます (SSLを使った最大128ビットの暗号化をサポート) 。HP RPMを使用すると、システムのシャットダウンをスケジュールしたり、電源障害発生時の設定を細かく制御したり、UPSのロードセグメントを定義して重要なサーバの稼働時間を最大限に延ばすことができます。このソフトウェアは、UPSの冗長化構成やシステムイベント処理などの機能をサポートしています。これらの機能を使用すると、環境や電源の障害に備えたポリシーを定めたり、それらのイベントの発生時に自動的に対処できるようにプログラムすることが可能となります。

SNMPの概要

 
SNMPは、TCP/IP プロパティを共有するデータ収集プロトコルです。管理機能を搭載したネットワークデバイスとの通信手段として、広く普及しています。HP SIM、HP PM、および HP RPM は、アラート通知にSNMPを使用します。

SNMPは、MIB (管理情報ベース) と呼ばれるデータリポジトリファイルを使ってデータを収集します。イベント情報やステータス情報を保存することのできるデバイスは、MIB を使用します。イベントが発生し、デバイスがそれを検出すると、アラート (一般にトラップと呼ばれる) を生成して、システムマネジメントソフトウェアが稼動しているマネジメントコンソールに送信します。
 

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項