Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

はじめに
  Volume Shadow Copy Services (VSS)について
  製品紹介
  環境構築と動作確認
  従来のExchange Serverのバックアップ方法との比較
  技術情報へのリンク / Q&A

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、2.12MB)
コンテンツに進む

BrightStor ARCserve Backup r11.1 for Windows とHP StorageWorks ストレージ・アレイ・システムを組み合わせて実現するMicrosoft® Exchange Server 2003 のVolume Shadow Copy Service (VSS) トランスポータブルバックアップ

はじめに

 

コンピュータ・アソシエイツ株式会社はマイクロソフト プロダクト ディベロップメント リミテッド、日本ヒューレット・パッカード株式会社の協力の下、次世代のバックアップソリューションとして注目されるボリューム シャドウ コピー サービス(VSS)バックアップの検証を行いました。
サーバシステムにはHP ProLiantを使用してMicrosoft® Windows Server™ 2003、ストレージシステムにはHP StorageWorks Enterprise Virtual Array 3000、アプリケーションにはMicrosoft® Exchange Server 2003、バックアップソフトウェアとしてBrightStor ARCserve Backup r11.1 for Windowsを使用してハードウェアの機能を使ったVSSトランスポータブルバックアップを実現しています。 このホワイトペーパーではVSSの機能の説明から、環境構築手順、実際の技術検証結果をもとにしたバックアップ・リストア手順について記載しています。

VSS は、Microsoft® Windows Server™ 2003 に標準搭載された機能で、バックアップ ソフトウェア、サーバアプリケーション、ストレージ ハードウェアなどのバックアップ関連ハードウェア/ソフトウェアに対し、スナップショット作成のための共通インフラストラクチャを提供します。
バックアップにVSSを使用する場合、ソフトウェア機能によってスナップショットを作成する方法とストレージ ハードウェア固有の機能を使ってスナップショットを作成する方法との2種類があります。ハードウェア固有の機能を使ったVSSは、使用するハードウェアがVSSに対応している必要があります。さらにバックアップソフトウェアとアプリケーションがVSSに対応することにより、アプリケーションを停止させることなくSANなどのストレージシステムに格納されたアプリケーションデータのスナップショットバックアップを取得することが可能になります。
トランスポータブルバックアップとは、作成されたスナップショットをバックアップサーバがマウントし、バックアップデバイスへのバックアップを行う方法です。この方法を使用することにより、バックアップ時のアプリケーションサーバリソースへの負荷を大幅に減らすことができます。

 

  次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項