Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

はじめに
  HPハードドライブ購入のメリット
  顧客への証明
  結論

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、45.8KB)
コンテンツに進む

HPサーバおよびストレージ ハード ドライブ購入のメリット


はじめに

  以前にも増して大規模で複雑になっている今日の分散エンタープライズアプリケーションでは、サーバに移動されるミッションクリティカルなデータの増加、サーバ統合の進行により、ストレージはこれまで以上に重要性を増しています。 HPは、データの整合性と可用性を確保するための最高品質の製品を提供します。 この提供に欠かせないのが、業界最高品質のハードドライブの提供というHPのこだわりです。  

HPハードドライブ購入のメリット

認定プロセス。 HPのハードドライブは、OEMベンダーからそのまま提供される製品と同じではありません。 HPは業界が一目置く独自の認定プロセスを確立し、以下の4つの専任チームが実際の極限環境下でハードドライブのテストを行っています。

  1. Selection Evaluation Team (選択の評価を行うチーム)
  2. Development Validation Team (開発の検証を行うチーム)
  3. Supplier Production Qualification Team (サプライヤの生産能力をチェックするチーム)
  4. Continuous Improvement/Performance Monitoring Team (継続的な改善/パフォーマンスの監視を行うチーム)

HPはデータや信号の整合性、物理的欠陥をテストするだけでなく、サプライヤのプロセスの監査や、ドライブを実際の状況下に置き、ドライブが各種オペレーティングシステムの違いにどのように対応するかの確認も行っています。 HDD製品とHPシステムの互換性は、新旧両方のHPストレージアプリケーションを含む、代表的な構成を記述したマトリクスにより定められた一連のテストを通じて検証されます。 通常、開発検証段階で、2,000台以上の固有のHDDを使用して1つの製品ファミリを検証し、各ファミリの認定プロセス中に約200万時間のドライブテストが行われます。

閉ループの品質システム。 HPの閉ループの品質システムには、複数の品質制御システムと監視システムが含まれます。 これらの品質制御システムと監視システムにより、HPの品質と信頼性要件に製品を確実に適応させます。 制御システムは、「制御不能」状態に陥ったり、品質の問題が起こったときに、HPとHDDサプライヤに警告を発します。これによりHPは、不適格製品を顧客に出荷する前に回収し、修正処置を施すことができます。

組み込み。 顧客がサードパーティのハードドライブに対して抱えている問題の多くが、「簡単な」組み込みに関する問題です。 HPのすべてのハードドライブまたはサーバには、正しいケーブル、SCSI ID設定、終端スキーム、HPサーバのドキュメントが同梱されています。 別のサプライヤから購入したドライブは、それらが汎用のデフォルト設定からHPサーバで確実に正常動作するように、適切に設定されているという保証はありません。
HPは、自社のすべてのHDDサプライヤと長期にわたる強固な協力関係を築いています。 HPはHDDサプライヤと協力して、新しいテクノロジ、製品要件、長期の製品ロードマップ、新機能の研究、製品設計のための要件の定義を行っています。 HPはまた、製品発売の2〜3年前からHDDサプライヤと協力し、テクノロジの実行可能性とシステム統合の成功を確実なものにしています。

ファームウェア。 ハイパフォーマンスドライブには、「タグ付きコマンドキューイング(TCQ)」と呼ばれるファームウェアベースの機能が含まれます。この機能は、ファームウェアをマルチタスクのオペレーティングシステムと同じようにすることで、パフォーマンスを改善し、ドライブ操作の複雑さを劇的に増します。 信頼性の高いドライブファームウェア設計を実現するには、膨大な回数のテストを行い、改修を重ねることが必要です。 HPシステム用にテストされ、最適化されたファームウェアがあるのは、HPのドライブだけです。

事前予防保証。 Systems Insight Managerは、S.M.A.R.T.ドライブに組み込まれたテクノロジを利用し、ドライブ動作の異常を検出します。 ドライブが許容パラメータを超えて動作すると、HP Insight Managent AgentがイベントをSystems Insight Managerに送信します。 HPドライブ限定の事前予防保証は、HPの負担でドライブを交換することができます。 これにより企業の重要な業務を中断することなく、システム管理者が保守のためのダウンタイムを事前にスケジュール設定することが可能になります。
ホットプラグ対応のドライブとSmartアレイコントローラを組み合わせると、ダウンタイムなく障害ドライブを交換することができます。 ヘルスログによる監視ができるのも、この保証の対象になるのもHPのドライブだけです。 注意事項: HPの事前予防保証は、サードパーティの部品の取り付けまたは使用によって、HP製品が損傷または故障した場合には適用されないことがあります。

範囲。 HPでは、あらゆる顧客のニーズに応じた多数のサーバ ドライブ オプションを提供しています。 オプションの範囲は、18.2GB SCSIドライブから300GB SCSIドライブ、および最大250GB SATAハードドライブまであります。 ドライブは1インチのフォームファクタです。

価格競争力。 HPはドライブ市場を継続的に監視し、すべての競合他社に対して自社ドライブの価格競争力を維持し、優れた価格/パフォーマンス、および最も低い総所有コスト(TCO)を提供します。


顧客への証明

HPは最も幅広い範囲の最高品質ドライブを提供し、顧客データの整合性と可用性を確保します。 Seagateが、顧客に対してHPストレージソリューションにどれほど自信を持っているかについて述べている記事をご紹介します。
Seagateが発行したある記事の中で、同社はHPハードドライブのメリットを賞賛し、同社のエンタープライズドライブの主力製品をHPが採用した理由を述べています。

HPがUltra320 SCSIサーバおよびストレージソリューションに初めてSeagateのCheetah 15K.3ディスクドライブを提供

2002年12月、Seagate Technologyは、受賞歴を誇る第三世代のCheetah 15K.3ディスクドライブが、業界標準HP ProLiantサーバおよびHP StorageWorksソリューションの認定を受け、採用されたことを発表しました。 Cheetah 15K.3ディスクドライブは、Seagateのエンタープライズドライブの主力製品で、ハイパフォーマンスと高いIOPS(1秒あたりのIO処理回数)を比類ない信頼性とともに提供する、世界唯一の第三世代15Kディスクドライブです。 HP ProLiantサーバおよびHP StorageWorks製品ファミリ用HP 146GB 10K U320と72GB 15K U320ユニバーサル ハード ドライブは、Ultra320 SCSI Cheetah 15K.3を利用し(エンタープライズ製品では業界初)、エンタープライズ環境で求められるデータ量の多いオンライントランザクション処理の要求に応えます。 (※1)

   
 
「HPは同社の主力サーバとストレージソリューションの拡張を継続し、顧客が現在および将来の情報需要に応えることを可能にします。SeagateもHPと同じく、顧客に重点を置いた目標を持っています」
  − SeagateのWorldwide Sales, Marketing and Customer Service副社長、Brian Dexheimer氏(※2)  

「Seagateは業界最高パフォーマンスと業界最大容量ドライブを実現し、HPの高可用性ストレージソリューションと組み合わせることで、クラス最高のパフォーマンスをエンタープライズストレージ顧客に提供することが可能になります」
  − HPのModular Storage Organization マネージャ、Neal Clapper(※3)  

結論

HPはどこよりも高品質のドライブを提供することをお約束します。


※1: http://www.seagate.com/cda/newsinfo/newsroom/releases/article/0,1121,1586^3,00.html
  ※2: http://www.seagate.com/cda/newsinfo/newsroom/releases/article/0,1121,1654^4,00.html
  ※3: http://www.seagate.com/cda/newsinfo/newsroom/releases/article/0,1121,369^3^1,00.html


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

本文書に記載の事項は、予告なく変更されることがあります。
© 2001, 2003 Copyright Hewlett-Packard Company L.P. June 2003

Doc. No. 5981-8700EN
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項