Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

はじめに
  パラレルSCSIテクノロジ
  SAS (Serial Attached SCSI)テクノロジ
  SASへの移行
  結論 / 関連情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、916KB)
コンテンツに進む

SAS (Serial Attached SCSI)テクノロジ

SASへの移行

 
従来のパラレルSCSIソフトウェアとのSAS互換性によって、既存のSCSIユーザーに対して移行の方法が提供され、DAS、NAS、およびSANシステムの中心的なインタフェースとして、SASがSCSIに取って替わることが可能になります。SASはファブリック トポロジではありませんので、SAN市場においてファイバ チャネルに置き換わるのではなく、ファイバ チャネルを補完することを意図されています。SASがSATAと互換性を持つことによって、メガバイトあたりの低コスト ソリューションであり、さらに高パフォーマンスおよび高可用性を提供できるマルチ機能システムを配備することが可能になります。
現在のSASデータの転送速度は3.0Gb/sで、次に配備されるフェーズでは6.0Gb/sが計画されています。6.0Gb/sでは、ワイドリンク(2x、3x、4x)によって合計で最大24Gb/sのデータ転送速度が可能になります。
 

図9. SASパフォーマンスの向上計画
SASパフォーマンスの向上計画

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項