Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

はじめに
  パラレルSCSIテクノロジ
  SAS (Serial Attached SCSI)テクノロジ
  SASへの移行
  結論 / 関連情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、916KB)
コンテンツに進む

SAS (Serial Attached SCSI)テクノロジ

パラレルSCSIテクノロジ

  SCSIの仕様は、すべての周辺装置プラットフォームおよびシステムアプリケーションで共通のインタフェースを提供するために開発されました。SCSIインタフェースは、RAID (Redundant Array of Independent Disks)ストレージなど、より広い範囲のアプリケーションを対象としており、パラレルATAインタフェースよりも広範なコマンドセットを持っています。SCSIシステムには、SCSIコントローラ(イニシエータ)、SCSIバス(ケーブルまたはバックプレーン)、1つまたは複数のターゲットデバイスで構成されます。SCSIコントローラはマザーボードに組み込まれているか、PCIまたはPCI-Xスロット内のSCSIホスト バス アダプタ(HBA)カードに内蔵されています。図1にこの2つの構成を示します。

SCSIコンポーネント
図1.SCSIコンポーネント

SCSIケーブルは、SCSIコントローラを含めて、最大16台のデバイスを接続できます。SCSIケーブルは34本の柔らかい撚り銅線のツイストペアで、合計68芯で構成されています。サーバ内のSCSIデバイスは68ピンのリボンケーブルを使用してSCSIコントローラに接続されています。このリボンケーブルの各端にはコネクタがあり、その長さの範囲内で1つまたは複数のコネクタを付けることができます。外部SCSIデバイスは丸型68ピンケーブルでSCSI HBAに接続されています。SCSIバスの各端には2組のターミネータがあり、ケーブル内の信号反射を防止しています。

1981年以来、SCSIには7世代のプロトコルが規定されました。世代が新しくなるごとに、パフォーマンスが前の世代の2倍に向上しています(図2)。SCSIのパフォーマンスは、最大4MB/sでデータを転送する8ビット、シングルエンド インタフェース(SCSI-1)から、チャネルごとに320MB/sでデータを転送する最新の16ビット、低電圧ディファレンシャル インタフェース(Ultra320 SCSI)の範囲にわたっています。

7世代のSCSIの帯域幅
図2. 7世代のSCSIの帯域幅

Ultra320 SCSIの開発は、Ultra160 SCSIのクロック周波数を単純に倍増する以上の非常に挑戦的な作業でした。実際に、Ultra320 SCSIの高度なパフォーマンスは、以下のパフォーマンス拡張機能を実装することによって可能になりました。
  • リード データとライト データのストリーミング
  • 迅速なアービトレーションと選択
  • フロー制御
また、Ultra320 SCSIは、前置補正とトレーニングという新しい2つのテクノロジを導入して、信号のスキュー(線ごとの信号の微小な遅延)と減衰が信号の整合性に与える影響を最小にしています。Ultra320 SCSIの開発が極めて大きな電気工学的課題に直面したため、一般に、新しい高価なテクノロジを採用することなしには、高い信頼性を持ってUltra640 SCSIを配備することはできないと考えられています。このため、パラレルSCSIアーキテクチャは、企業におけるストレージに対する今後のニーズに適合するパフォーマンスの余裕を持つシリアルI/Oアーキテクチャに置き換わりつつあります。
 

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項