Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要
  AMD Opteron™ プロセッサアーキテクチャ
  HP ProLiant DL585のアーキテクチャ概要
  スケーラビリティの結果
  結論 / 関連情報 / コメント送信のお願い

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、488KB)
コンテンツに進む

HP ProLiant DL585プラットフォームにおけるAMD Opteron™ プロセッサのスケーラビリティとパフォーマンス

結論

 
AMD Opteron™ プロセッサアーキテクチャは、HP ProLiant DL585を使用したテスト結果で示されたような優れたスケーラビリティを実現しています。代表的なベンチマークテストでは、HP ProLiant DL585はプロセッサを追加した場合にほぼ完全な1:1のスケーラビリティを提供することができます。プロセッサ周波数を向上させると、パフォーマンスが約6パーセント増強され、プロセッサ周波数の変化に対して60パーセント以上向上することになります。

メモリを追加することは、コスト効率の良いパフォーマンス改善方法で、特にトランザクション処理などのメモリ集中型のアプリケーションで有効です。OLTPのテスト結果は、メモリの追加によりパフォーマンスが50パーセント改善したことを示しています。より高速なPC2700メモリを使用すると、PC2100メモリに比べてパフォーマンスが2〜3パーセント向上します。

一般的に、AMD Opteron™ プロセッサアーキテクチャは、プロセッサがスケールアップするとシステムリソースが自動的に増大するので、高レベルのスケーラビリティが提供されます。たとえば、プロセッサが追加されるとメモリコントローラも追加されるので、メモリ帯域幅が増加し同時メモリアクセス容量が増加します。このことは、メモリ集中型アプリケーションでは非常に重要になります。プロセッサが追加されるとより高速なHypertransport™接続も追加されるので、プロセッサ、I/O、およびメモリ間でのデータ移動用のパスが改善されます。さらに、CPUの速度が向上すると、Hypertransport™のインターコネクトやシステムメモリでのレイテンシが減少します。これは、I/Oやメモリのレイテンシの影響を受けやすいアプリケーションのパフォーマンス向上に役立ちます。他のx86アーキテクチャでは、プロセッサのスケーリングによって計算能力は向上しますが、その結果より多くのCPUが同じシステムリソースを取り合うことになります。しかしAMD Opteron™ プロセッサを使用しているアーキテクチャの場合、プロセッサ数の増加やプロセッサ速度の向上によってシステムの能力が拡張され、帯域幅が拡大しレイテンシが低下します。
 

関連情報

リソース名 Webアドレス
AMD Webサイト
Opteron™技術文書
http://www.amd.com/jp-ja/0,,,00.html このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
http://www.amd.com/jp-ja/Processors/ProductInformation/
0,,30_118_8796_8804,00.html
このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
HP Website
HP ProLiant DL585 情報
HP ProLiantベンチマーク
業界標準のサーバテクノロジに関する文書 

http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/dl585_sh.html

http://h18004.www1.hp.com/products/servers/benchmarks/index.html (英語)
http://www.hp.com/servers/technology (英語)
MMB3情報: http://www.microsoft.com/exchange/evaluation/performance/mmb3.mspx このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 (英語)
SAPベンチマーク http://www.sap.com/benchmark (英語)
HP ProLiant DL585サーバのSPEC-CINT 2000承認 http://www.spec.org/cpu2000/results/rint2000.html このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。 (英語)

コメント送信のお願い

 
ISSテクノロジ情報に関する皆様のご要望をよりよく理解し、お応えできるようにするために、本書に関するコメントを TechCom@HP.com までお送りください。
 

前のページへ  
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項