Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに
  テクノロジの概要
  構成の柔軟性
  Selective Storage Presentation / 可用性
  管理テクノロジ / ハードウェアとソフトウェアの互換性 / パフォーマンスの強化
  データの移行 / DASからSANへの変換
  結論 / 関連情報 / ご意見をお寄せください

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、290KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Storage Array 500 G2 テクノロジ


Selective Storage Presentation

 
SSP (Selective Storage Presentation)は、MSA500 G2上で多数のアプリケーションを実行しているホストサーバがMSA500 G2システムに格納されたデータにアクセスすることができるかどうかを管理者がコントロールできるようにするコントローラファームウェアです。 管理者は、データの完全性とセキュリティを確保する必要に応じてアクセスを限定しつつ、どのサーバホストが格納されたデータにアクセスできるかを選択します。 アクセス権限の付与は、論理ボリュームレベルのような下位レベルまで可能です。
 

可用性

 
MSA500 G2システムは、完全なハードウェアリダンダンシ、最適化されたRAID保護、信頼性が高いアレイコントローラおよびリダンダントなI/Oパス(オプションのSmart Array マルチパスソフトウェア使用時)により、高可用性と高稼働率を実現しています。 MSA500 G2システムは、以下のようにさまざまなレベルのフォルトトレランスをサポートしています。
  • Advanced Data Guarding (ADG) ・ 分散データ保護(RAID 5)
  • ドライブミラーリング(RAID 1および1+0ストライプ ミラーリング)
  • グローバル オンラインスペア
 

Advanced Data Guarding


ADGは最高レベルのRAIDフォルトトレランスです。 2セットのパリティデータが多数のドライブを横断して書き込まれ、同時書き込み操作が許可されます。 このレベルのフォルトトレランスは、2台のドライブの同時障害に対処でき、ダウンタイムあるいはデータ損失を発生させません。

分散データ保護


分散データ保護では、パリティデータが多数のドライブを横断して書き込まれ、同時書き込み操作が許可されます。 このレベルの保護は、1台のドライブ障害に対処でき、ダウンタイムを発生させません。

ドライブミラーリング


ドライブミラーリングを使用すると、ドライブアレイの半分がデータに、もう半分がミラーリングされたデータに割り当てられます。 このレベルの保護は最高レベルのパフォーマンスを提供し、ミラーリングペアの両方のドライブに障害が発生したのでない限り、多数のドライブ障害に対処できます。

オンラインスペア


アレイそれぞれに1つまたは複数のオンラインスペアを割り当てることができ、また多数のアレイを横断して使用することも可能です。 ドライブ障害が発生すると、オンラインスペアドライブを使用して、直ちに復旧が始まります。残っているドライブとパリティデータからデータが自動的に再構築されます。

 前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項