Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに
  テクノロジの概要
  構成の柔軟性
  Selective Storage Presentation / 可用性
  管理テクノロジ / ハードウェアとソフトウェアの互換性 / パフォーマンスの強化
  データの移行 / DASからSANへの変換
  結論 / 関連情報 / ご意見をお寄せください

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、290KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Storage Array 500 G2 テクノロジ


概要

 
HP Modular Smart Array500 G2 (MSA500 G2)システムは親しみやすく導入と維持が容易な外部ストレージソリューションで、ProLiant製品での使用に最適化されており、高可用性を実現する多くの機能が統合されています。 この技術概要では、MSA500 G2システムにおいて、適切なコストで高可用性を実現するために業界標準のテクノロジがどのように使用されているかを説明します。 また、MSA500 G2システムで使用されているテクノロジについても説明します。 この技術概要を読むと、MSA500 G2システムを使用すべき場面と理由をご理解いただけます。
 

はじめに

 
HP MSA500 G2システム
  図 1. HP MSA500 G2システム
今日のインターネット経済では、eコマース ビジネスモデルを使用する企業の数は増える一方です。 今日の企業は、お客様に時間を気にせずお買い物をしていただいています。ユーザのセルフサービスによる操作、従業員の勤務、IT管理者によるシステム管理にも時間の制限はありません。24時間の可用性は今や必須です。 このため、システムの可用性がきわめて重要です。

多くの企業はクラスタ化ソリューションで高可用性を実現しています。 クラスタ化の手法では、ストレージなどの共通のコンポーネントに複数のサーバが接続しており、これによっていくつかの方法で高可用性を実現しています。 まず、仕事を複数のサーバに分散することにより、最も余力のあるサーバが仕事を完了させたり、多くのサーバが同時に仕事に取り組んだりすることができます。 こうすると、システムは後続の要求をより短時間で処理できます。 第2に、サーバに障害が発生した場合に備えて、1台または複数のサーバにバックアップの役割を割り当てることができます。 バックアップサーバの使用により障害によるダウンタイムは顕著に減少し、システムはダウンタイムなしで継続してサービスを提供することができます。

HP Modular Smart Array500 G2 (MSA500 G2)システムは、HP ProLiantサーバの小規模クラスタによる、お求めやすい価格の高可用性ストレージソリ ューションです。 広く普及している業界標準のテクノロジに基づくMSA500 G2は、導入と管理が容易な直接接続ストレージ(DAS)ソリューションです。

MSA500 G2システムは、遠隔または分散環境のワークグループや部署(銀行の各支店や小売店)にとって特に有効です。 既存のFibre Channelインフラストラクチャがない環境に最適で、Smart Arrayコントローラ内蔵のサーバを導入しているお客様にとって、無理のない次の一歩となります。
 

  次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡