Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

はじめに
  VSSについて
  製品紹介
  環境構築と動作確認
  従来のExchange Serverのバックアップ方法との比較
  技術情報へのリンク / Q&A

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、1.28MB)
コンテンツに進む

BrightStor


Volume Shadow Copy Services (VSS)について

 

VSS とは、Microsoft® Windows Server 2003™ に標準搭載された機能で、バックアップ ソフトウェア、サーバアプリケーション、ストレージ ハードウェアなどのバックアップ関連ハードウェア/ソフトウェアに対し、スナップショット(実ファイルではなく、ある特定時点での瞬間的なファイルやデータの状態)作成のための共通インフラストラクチャを提供するサービスです。

VSSによるバックアップ処理では、いったんスナップショットを作成し、そこからバックアップデータを取得するため、稼働中のサーバアプリケーションを停止させることなく、かつシステムのパフォーマンスに大きな影響を与えることなくバックアップを作成できます。

 

VSS の利点


VSS が利用できなかったこれまでの Windows 2000 Server のストレージ環境では、異なるサーバアプリケーションが混在している場合、バックアップ ソフトウェアが提供する「エージェントソフトウェア」を異なるサーバアプリケーション毎に導入する必要がありました。
また、複数メーカのストレージ ハードウェアが存在している場合にはベンダー毎にストレージ
専用のバックアップ ソフトウェアを導入する必要があり、非常にコストが高くなってしまうのに加えて、ベンダー固有のハードウェア、ソフトウェアのトレーニング、教育の準備が必要で、管理者にかかる負担は非常に大きいものでした。これに対し、VSS は、バックアップ ソフトウェア、サーバアプリケーション、ストレージ ハードウェアに共通のバックアップ インフラストラクチャを提供するため、構造上簡素化されることになります。

VSS の仕組み


Windows Server 2003 の VSS は、アプリケーション向けの API を提供しており、アプリケーションがこれに対応することで、安全、確実なスナップショットが取れるようになります。以下に VSS を構成するコンポーネントと VSS によるスナップショット作成の流れを記述します。

VSS を構成するコンポーネント

  • リクエスタ… 標準添付の NT Backup など、バックアップを管理、実行するアプリケーション
  • ライタ… サーバアプリケーションに付属して、スナップショット バックアップのサービスを提供するプログラム
  • プロバイダ… ストレージに対してスナップショットを実現するプログラム。
    ストレージに依存したハードウェア プロバイダと、ベンダーに依存しないソフトウェア プロバイダがある。

VSS によるスナップショット作成の流れ

  1. VSS 対応のバックアップ ソフトウェア(リクエスタ)は、登録されているライタの一覧を取得すると共に、メタデータを収集します。
  2. バックアップされるべきコンポーネント、リストア方法などをXMLで記述し、VSSサービスに提供します。
  3. VSSは、特定のボリュームに対して、シャドウ コピーをサポートしているプロバイダを検索します。
  4. リクエスタから、VSS にバックアップ要求が指示されます。
  5. ライタは、VSS の要求により、キャッシュをフラッシュする等して、スナップショットを作成するための準備を行います。
  6. VSSは、ストレージメーカーが提供するハードウェア プロバイダを介してストレージ ハードウェアにスナップショット作成の指示をします。
  7. スナップショット取得のために一時的に停止していたライタ アプリケーションが再開されます。
図1:VSSのスナップショット作成の流れ

図1:VSSのスナップショット作成の流れ

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項