Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

エグゼクティブサマリー / はじめに
  分散型管理プロセッサアーキテクチャ
  ProLiant BL p-Classシステム
  内蔵Lights-OutのProLiant BL p-Classシステム専用の機能
  まとめ / 用語集 / 詳細情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、996KB)
コンテンツに進む

ProLiant BL p-Classシステムの内蔵Lights-Out


分散型管理プロセッサアーキテクチャ

 

分散型管理プロセッサを使用するアーキテクチャは、多様化と複雑化が進んだサーバ環境において、幅広いアクセスと制御を実現します。たとえば、ProLiant BL p-Classシステムでは、各ブレードサーバが内蔵Lights-Out管理プロセッサを搭載しています。内蔵Lights-Outは、サーバブレードとブレードインフラストラクチャのハードウェアと緊密に結合しています。

ProLiant BL p-Classシステムは、内蔵Lights-Outアドバンストを使用して、すべてのProLiantサーバで最高レベルの仮想管理を可能にし、ProLiantサーバを非常にコンパクトなブレード環境で提供します。内蔵Lights-Outは、サーバブレードをインテリジェントに管理し、サーバブレードの状態や状況に関係なく、専用の管理ネットワークポートを使用してネットワークと直接通信を行います。さらに、内蔵Lights-Outの局所化されたインテリジェンスが、サーバブレードとサーバブレードインフラストラクチャとのインテリジェントな相互作用を可能にします。このインテリジェントな相互作用により、ラック内の複数のブレードと複数のエンクロージャを使用して強力なシステムを実現することができます。

 

図1は、バックプレーンを強化したProLiant BL p-Classサーバブレードエンクロージャと先行モデルのProLiant BL p-Classサーバブレードエンクロージャを使用して構築した分散型管理プロセッサアーキテクチャを示しています。

図1. HPが提供する2種類のProLiant BL p-Classサーバブレードエンクロージャを使用して構築した分散型管理プロセッサアーキテクチャ
図1. HPが提供する2種類のProLiant BL p-Classサーバブレードエンクロージャを使用して構築した分散型管理プロセッサアーキテクチャ

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項