Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに
  電源コード
  電源コードの使用
  HP ProLiantサーバの電源接続
  ケーブル結束用アクセサリ
  まとめ / 詳細情報 / ご意見をお寄せください

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、208KB)
コンテンツに進む

HP ProLiantサーバで使用する電源コードの選択方法


電源コードの使用

 

HPは、製品を入力電源に接続するために、AC入力電源コンセントに接続するための電源コードと、中間デバイス(UPSやPDUなど)と接続するための電源コード(ジャンパケーブル)の2種類のアクセサリを提供しています。

 

図2は、高電圧モジュラーパワーディストリビューションユニットを使用して入力電源に接続されているProLiantサーバのシステム構成を示しています。 通常、一部のサーバは、モジュラーPDUの一部として提供されるエクステンションバーとIEC C13/C14電源コードを使ってPDUに接続されます。 DL580G2は、200-240Vで動作時に標準のC14コンセントに接続することができます。また、C19-C20電源コードを使用してPDU制御ユニットに直接接続することもできます。

図2. PDUを使用した電源接続例(見やすくするためにラックを省略)
図2. PDUを使用した電源接続例(見やすくするためにラックを省略)

図3は、配電装置とバックアップ電源の両方として機能するHP UPSを使用したサーバ構成を示しています。

図3. UPSを使用した電源接続の例(見やすくするためにラックを省略)
図3. UPSを使用した電源接続の例(見やすくするためにラックを省略)


前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項