Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

要約 / はじめに
  ハイパフォーマンステクノロジ
  高可用性テクノロジ / ストレージテクノロジ
  スケーラビリティ / 管理テクノロジ
  メカニカルテクノロジ / 保守性
  まとめ / 用語集
  関連情報 / コメント送信のお願い

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、180KB)
コンテンツに進む

HP ProLiant DL585サーバテクノロジ

テクノロジの概要

スケーラビリティ

 
HPは、柔軟に構成できるようProLiant DL585サーバを設計することで、顧客の固有のコンピューティングニーズを満たせるようにしました。IT組織はこのアップグレード可能なサーバを使用することで、現在のニーズを満たすプロセッサとメモリとの組み合わせを購入し、ニーズの増大に応じて低コストでアップグレードできます。システムは2プロセッサまたは4プロセッサをサポートしています。8個のメモリスロットは512 MB、1 GB、2 GBのPC2100 SDRAM DIMMをサポートできます。内蔵Wide Ultra3バックプレーンは、1〜4台のディスクドライブをサポートしており、シンプレックスモード(4×1)またはデュプレックスモード(2×2)をサポートするよう簡単に構成できます。
 

AMD 64ビット拡張テクノロジを搭載したAMD Opteronプロセッサを採用したことで、IT組織は必要な64ビットアプリケーションが使用可能になったときに、64ビットインフラストラクチャへの移行の全体に投資しなくてもそのアプリケーションを利用できます。ProLiant DL585は、32ビットと64ビットのアプリケーションを、パフォーマンスを低下させることなく同時に実行できます。

管理テクノロジ

 
ProLiant DL585サーバは、リモート管理とコントロールを効率的に行うために設計された、非常に信頼性の高いマシンです。出荷時には標準でHP管理ツールの全セットが付属します。
 

HP内蔵Lights-Out


このサーバにはHP内蔵Lights-Out (iLO)管理ASICがシステムボード上に内蔵されており、出荷時にはiLO Standard管理機能が利用可能です。この機能は、内蔵Lights-Out Advancedパックを購入することでアップグレードできます。表1に、2つのレベルのiLO管理機能をまとめます。
iLO管理機能の詳細は、以下のURLを参照してください。
www.hp.com/servers/lights-out.

表1.ProLiant DL585サーバ内のHP内蔵Lights-Out管理ASICでサポートされている機能

iLOスタンダード管理

iLOアドバンスト管理

仮想テキストリモートコンソール 仮想グラフィカルリモートコンソール
仮想電源ボタンコントロール USBベースの仮想メディア
専用LAN接続 ディレクトリの統合(ファームウェアVersion 1.40以上)
DHCP/DNS/WINSを使用したIP自動設定 ターミナルサービスの統合(ファームウェアVersion 1.5以上)
業界標準の128ビットSSL (Secure Sockets Layer)セキュリティ  
IMLおよびiLOのイベントログ  
カスタマイズ可能なアクセス権を持つ12のユーザアカウントのサポート  

ProLiant Essentials Foundation Packソフトウェア


ProLiant Essentials Foundation Packは全管理ソフトウェア製品のセットです。この項では、これらの製品について簡単に説明します。詳細は、Webサイト www.hp.com/servers/proliantessentials を参照してください。

HP Insightマネージャ 7とHP Systems Insightマネージャ
HP Insightマネージャ 7やHP Systems Insightマネージャを使用すると、計画外のダウンタイムや生産性低下が起きる前に障害の事前通知が行われるため、システムのアップタイムとパフォーマンスを最大化しシステムの保守費用を削減するのに役立ちます。HP Systems Insightマネージャは、HPの次世代のWebベースのエンタープライズ管理コンソールです。Insightマネージャ 7、HP Toptools、HP Servicecontrol Managerのそれぞれの強みを統合した、Windows、Linux、HP-UXを実行するProLiant、Integrity、HP 9000システムを管理する、単一のツールです。
コアのSystems Insightマネージャソフトウェアは、すべてのHPサーバプラットフォームを管理する必須機能を備えています。HPクライアント、ストレージ、電源、プリンタ製品用のプラグインを使用すれば、Systems Insightマネージャの機能が拡張されて、これまでにない広範囲のデバイス管理も可能になります。迅速な配備、パフォーマンス管理、パーティション管理、ワークロード管理用のプラグインを使用すれば、システム管理者にとって、ハードウェア資産の完全なライフサイクル管理に必要な付加価値ソフトウェアとなります。
HP Systems Insightマネージャは、ITインフラストラクチャ(図1)に関する障害、パフォーマンス、管理の全情報を1個所に集約します。HP Systems Insightマネージャでは、現在のエンタープライズ管理テクノロジと最新のWebテクノロジの成果とが統合されており、IT管理者は標準のWebブラウザから、サーバ、クライアント、クラスタ、ネットワーク製品の、各グループを監視および管理できます。HP Systems Insightマネージャは、SNMP、DMI、HTTPを使用して、HPおよび他のベンダのデバイスを検出および管理できます。これらのデバイスからの警告を記録し、ITスタッフに割り当てられた役割と責任に基づいて、該当者に電子メールまたはページャーの警告通知を送信します。
Insightマネージャ 7とHP Systems Insightマネージャは、どちらも簡単にセットアップできます。これらはInsight Management Agent、内蔵Light-Out、Version Control Agentと連動し、堅牢な障害、構成、資産の管理、およびリモート管理を実現します。顧客はHP Systems Insightマネージャを使用して、ロールベースのセキュリティ、サーバの迅速な配備、パフォーマンス管理、ワークロード管理も活用できます。HP Systems Insightマネージャの詳細は、以下を参照してください。 www.hp.com/go/hpsim
Insightマネージャ 7の詳細は、以下を参照してください。 http://h18013.www1.hp.com/products/servers/management/cim7-overview.html

SmartStart
SmartStartはサーバのセットアップを簡素化するツールであり、信頼性が高く一貫性のあるサーバ構成を迅速に配備できます。ProLiant DL585サーバはSmartStart 7.1以降をサポートしています。サーバに付属している補足のCDを使用すれば、SmartStart 7もサポートします。
SmartStartは、主要なオペレーティングシステムソフトウェアの「市販」バージョンのインストールに備えてシステムを整備することによって、サーバ配備プロセスを補助します。SmartStartは、サーバおよびアレイコントローラの構成を可能にする内蔵のROMベースユーティリティを利用します。SmartStartは、サポートしているどのインストールにおいても、ProLiant Support Pack (PSP)と呼ばれる最適化されたProLiantサーバサポートソフトウェアを、自動的に統合してインストールします。
SmartStartの詳細は、以下のSmartStartのWebサイトを参照してください。 www.hp.com/servers/smartstart

Management Agent
HPのWeb対応Management Agentは、HPのIntelligent Manageability戦略の基盤をなします。これを使用して、ProLiantサーバに組み込まれた詳細な各種計測値にブラウザベースで直接アクセスできます。ネットワークデバイス上にインストールされたManagement Agentは、ディスク、CPU、メモリ、ファン、温度など、システムおよびサブシステムの要素に関する1,000を超えるパラメータを監視します。Management Agentは、デバイスのシステムステータスを集約して保守します。HP Systems Insightマネージャなど管理コンソールは、そのデバイスステータスを定期的に収集します。
サブシステム障害や異常な計測値が発生した場合、HP Management Agentは管理コンソールに警告を発します。エージェントによるパラメータの監視および警告と、HP Systems Insightマネージャのトレンド分析機能によって、差し迫ったコンポーネント障害の予測が行われます。このように、これらのエージェントはHPの事前予防保証プログラムの基盤をなします。HP Management Agentがサーバの保障期間内に、ディスク、CPU、またはメモリの交換が必要となる問題を検出した場合、HPはそれらのコンポーネントを無償で交換します。HP Management AgentとHP事前予防保証プログラムとを併用すれば、システム管理者は起きうるサーバ障害を事前に通知し故障気味の部品の迅速な予防的交換ができるので、回避可能なダウンタイムの防止に役立ちます。

Subscriber's Choice
Subscriber's Choice Driver and Support Alerts/Notificationsは、ProLiant製品のソフトウェアとドライバの変更通知を自動的に配信する、Webベースの電子メール購読サービスです。システム管理者は、 www.hp.com/go/subscriberschoiceでSubscriber’s Choiceに登録しパーソナルプロファイルを作成すると、さまざまな新しい警告を毎週または毎月その発生時に受信できます。

ROMPaq、サポートソフトウェア、構成ユーティリティ
システム管理者は、ProLiant DL585サーバおよびオプションのために完全に最適化されテストされた、最新のHPソフトウェア、ドライバ、ファームウェアにアクセスできます。それらのツールはSmartStart内で使用できます。または、ソフトウェアおよびドライバのダウンロードのページ(SmartStartのWebサイト www.hp.com/servers/smartstart にリンクがあります)からダウンロードできます。

調査ユーティリティと診断ユーティリティ
HPが使用する最も高度な構成分析、レポート、トラブルシューティングのユーティリティも、SmartStartから入手できます。

ProLiant Essentials Value Pack (オプション)
HPは、特定のビジネス問題やニーズに対応するためにアダプティブインフラストラクチャ(Adaptive Infrastructure)の機能を選択して拡張するためのオプションソフトウェア製品も提供しています。
  • Rapid Deployment Pack(RDP)は、複数サーバの設置と導入のための自動化されたソリューションです。企業はRDPを使用することで、変化するビジネス要求に迅速かつ簡単に適応できます。
  • Workload Management Packは、複雑な環境の管理を簡素化することによって、サーバ全体の可用性を向上させます。Windows 2000ユーザはこのパックを使用することで初めて、マルチプロセッサを搭載した単一のProLiantサーバ上に複数のアプリケーションを自信を持って配備できます。
  • Integrated Lights-Out Advanced Packは、iLOプロセッサをアップグレードすることによって、グラフィカルコンソールと仮想メディア機能を持つ完全に仮想的な存在とコントロールを実現します。
  • Recovery Server Option Packは、エントリレベルの高可用性ソフトウェアであり、サーバのハードウェアとオペレーティングシステムの障害に対して、信頼性の高い保護を行いアップタイムを向上させます。
  • Performance Management Pack (PMP)は、ProLiantサーバおよび接続されたオプション上の、ハードウェアのパフォーマンスのボトルネックを突き止め明らかにする、パフォーマンス管理ソリューションです。ユーザはPMPが提供する情報により、コンピューティングリソースをより効果的に利用できるようになります。
オプションのProLiant Essentials Valueパックの詳細は、以下を参照してください。 www.hp.com/servers/proliantessentials

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項