Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに
  HP BladeSystem製品を使用した仮想化
    既存のスケールイン仮想化ソリューション
    今後のスケールイン仮想化ソリューション
    仮想化の境界および留意事項
  推奨事項 / 成功事例
  結論 / 関連情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、193KB)
コンテンツに進む

HP BladeSystemの仮想化


仮想化の境界および留意事項

前のセクションで説明した仮想化ツールは、システムの目標を達成するために、設置したブレードサーバ内で一緒に使用したり、または別々に使用したりできます。 エンタープライズシステムの戦略を計画するときは、以下のガイドラインに留意する必要があります。

【ハードウェアの留意事項】
  • Microsoft Virtual Server 2005 - Windows Server 2003向けに設計された最もコスト効率の高いスケールインソフトウェアで、ソフトウェアのテストおよび開発、従来の事業ライン向けアプリケーションの再ホスティング、サーバコンソリデーションのシナリオでの業務効率の改善が目的です。
  • VMware ESX Server - 大量のデータを処理するアプリケーションや、要求の厳しいアプリケーションを扱う大規模エンタープライズ環境に適したスケールインツールです。 VMware ESXは最大のコンソリデーション能力を提供します(CPUあたり最大8つの仮想マシン)。 製品独自のOSと動的なリソース割り当てを使用したときに、最高のパフォーマンスを発揮します。
  • VMware GSX Server - 要求があまり厳しくないアプリケーションが動作する、小規模な部門別の環境に適したスケールインツールです。 VMware GSX Serverは、WindowsまたはLinuxオペレーティングシステムのいずれかで動作します。
【トラフィック管理】
F5® BIG-IP Blade Controllerは、TCPおよびUDPベースのアプリケーションおよびサービスを提供するサーバグループ用に、負荷バランス機能を提供しています。 F5® BIG-IP Blade ControllerはIPトラフィックをインターセプトして検査を行い、以下に基づいて最も適切なリソースへトラフィックを誘導します。
  • システムのパフォーマンスおよび可用性
  • ハードウェア/ソフトウェアの信頼性指標
  • ネットワークセキュリティ
F5 BIG-IPは、大規模システムに最適でVMware ESX Serverと互換性も高く、セキュリティを確保しながらネットワークトラフィックのフローを高めることができます。

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項