Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要 / はじめに
  HP BladeSystem製品を使用した仮想化
    既存のスケールイン仮想化ソリューション
    今後のスケールイン仮想化ソリューション
    仮想化の境界および留意事項
  推奨事項 / 成功事例
  結論 / 関連情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、193KB)
コンテンツに進む

HP BladeSystemの仮想化


今後のスケールイン仮想化ソリューション

次のスケールイン仮想化ソリューションは、2004年12月までにHPおよびMicrosoftから入手できるようになります。
  • HP Virtual Machine Management Pack
  • Microsoft Virtual Server 2005
【HP Virtual Machine Management Pack】
HP Virtual Machine Management Packは、MicrosoftおよびVMwareの仮想マシン製品を管理および制御するものです。 VM Management PackとHP Systems Insight Managerとの統合により、仮想マシンの一元管理を行い、単一の管理コンソールからHP ProLiantホストサーバリソースをサポートします。

【Microsoft Virtual Server 2005】
HPおよびMicrosoftは20年以上にわたり、フロントラインパートナーシップと呼ばれる戦略パートナーシップを組み、最も要求レベルの高いビジネス目標を満たすソリューションの調査、開発、テスト、実装、およびサポートに注力してきました。 Microsoft Virtual Server 2005は、Microsoft Windows Server 2003プラットフォーム向けのスケールイン仮想化ソリューションを提供するソフトウェアです。 Virtual Sever 2005によって、単一の物理サーバが、独自の(ゲスト)オペレーティングシステムとアプリケーションを保持する複数の仮想マシンとして機能でき(図5)、これによりハードウェアの使用率を最大化して管理オーバーヘッドを最小化します。
図5. Microsoft Virtual Server 2005を使用したホストブレードサーバのイメージ図
Microsoft Virtual Server 2005を使用したホストブレードサーバのイメージ図
Virtual Server 2005には、以下の主要な特徴があります。
  • ハードウェアの効率性の改善 - 広範囲にわたるハードウェアプラットフォームと互換性があり、仮想マシンを正確に制御するためのポリシーベースのリソース管理を提供
  • 管理者の生産性の改善 - 完全機能を含むコンポーネント オブジェクト モデル(COM)のアプリケーション プログラミング インタフェース(API)により、製品を制御するための柔軟なスクリプティングが提供されます
Virtual Server 2005はMicrosoft Server 2003が動作するサーバ上に存在し、以下のゲストオペレーティングシステムのパフォーマンスを最適化します。
  • Windows NT Server 4.0、SP4〜SP6
  • Windows 2000 Server、SP2〜SP4
  • Windows Server 2003
Virtual Server 2005は最新のハードウェアおよびソフトウェアのプラットフォームの利点を活用しつつ、古いオペレーティングシステム向けに記述されたソフトウェアをネイティブ環境で実行できるため、従来のアプリケーションを保有する顧客もVirtual Server 2005を活用できます。 最新のブレードサーバへアップグレードしても、ユーザーの学習時間を要するアプリケーションのアップグレードをすぐに行う必要がありません。 Virtual Server 2005ならば、ソフトウェアの移行は、ハードウェア要件ではなくビジネスニーズによって進めることができます。

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項