Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

エグゼクティブ・サマリー
  概要
  ソリューションの設計
  パフォーマンスの要素
  パフォーマンス結果
  テスト対象となったシステム構成とディスクのレイアウト
  結論

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、565KB)
コンテンツに進む

Microsoft SharePoint Portal Server 2003と
Microsoft Solution Accelerator for Intranets
パフォーマンス・ホワイトペーパー


ソリューションの設計

 
本ソリューションおよび関連ドキュメントは、Microsoft Solution for Intranets (MSI)の構想の一環として提供されるものです。MSIの構想は、SharePoint V1.0の製品から出発し、Microsoft Office SharePoint™ Portal Server 2003、Microsoft Office 2003、およびMicrosoft Windows Server 2003をベースとした柔軟で可用性の高いイントラネット アーキテクチャを導入することにより、現在の形になっています。Microsoft Solution Accelerator for Intranetsが目的とするのは、企業内での情報検索やドキュメント管理、Webベースでのチームのコラボレーション作業、およびMicrosoft Office Systemsとの緊密な統合を実現する総合的なイントラネットのソリューションを、パートナーおよび企業の顧客が迅速に構築できるようにすることです。Microsoft Solution Accelerator for Intranetsは、可用性の高いイントラネット・ソリューションの設計や配備、運用、発展に対する、規範的で検証済みの、裏づけされたアプローチを提供するドキュメントおよびツールのセットです。
 

ソリューションソフトウェアのコンポーネント


ソリューションで使用する主なソフトウェアのコンポーネントは以下のとおりです。
  • Microsoft SharePoint Portal Server 2003
  • Microsoft Windows SharePoint Services (WSS)
  • Microsoft SQL Server 2000 SP3
  • Microsoft Office 2003
  • Microsoft Internet Explorer V6.0
  • Microsoft Windows Server 2003
  • 別途あらかじめ必要となるソフトウェアおよびサービスパック(Microsoft社の製品のインストールガイドおよびソリューションのPatterns & Practices Guidesに記載)

ソリューションのアーキテクチャ


Microsoft SharePoint Portal Server 2003 (SPS 2003)がMicrosoft SharePoint Portal Server 2001と大きく違うのは、SPS 2003を使用すると、様々なコンポーネントおよびポータルサービスを複数のサーバ上に配備できるという点です。このため幅広いスケールアウトが可能になり、特定の顧客のビジネスニーズや負荷に合った、複数サーバのソリューション構成の設計が容易になります。

エントリーレベル(非高可用性)のソリューションは、1台ないし2台のサーバ、たとえばMicrosoft SharePoint Portal Server 2003コンポーネントを含むサーバ、およびMicrosoft SQL Server 2000 SP3を実行するサーバなどに配備できます。図1に、2つの例を示します。そのうちの1つは、データベースサーバに接続されたクラスタリング可能なストレージで、将来可用性の高い中規模サイズのファーム構成へ拡張することを想定して構成されています。


図1. エントリーレベルの構成

図1. エントリーレベルの構成

Microsoft SharePoint Portal Server 2003のアーキテクチャには高い可用性と性能が備わっているため、主なコンポーネント(Webフロントエンド、検索、インデックス、ジョブサーバ、データベースなど)を別々のサーバへ簡単に配備できます。Microsoft Solution Accelerator for Intranetsの物理的なアーキテクチャにとって中核となる要件は、高可用性、つまりユーザ・エクスペリエンスを高めるためのあらゆるサービスについて完全な冗長性があることです。従って、基本的なアーキテクチャでは、負荷分散された冗長フロントエンドWebサーバと検索サーバ、ならびにMicrosoft SQL Server 2000が動作する冗長クラスタサーバが規定されます。インデックス管理/ジョブサーバに障害が発生しても、Webの読み取りや検索においてユーザ・エクスペリエンスを損なうことはありません。各コンポーネントは単一のバックエンドにホスティングされています。

Microsoft SharePoint Portal 2003のアーキテクチャでは、個々のソリューション・コンポーネントの役割(Webフロントエンド、インデックス、検索、データベースなど)や容量のニーズに適合するように最適化された、適切なサイズのサーバを複数使用してソリューションを構築することができます。多数のフロントエンドWebサーバを追加したり(スケールアウト)、大規模構成に移行して専用の検索サーバまたは専用のMicrosoft Windows SharePoint Services (WSS)チームサーバを配備したりするなど、必要に応じて能力を強化することにより、時とともに高まるユーザの要求を満たすことができます。


ミディアムサーバファーム

この用語は、Microsoft SharePoint Portal Server 2003の製品のドキュメントで使用され、特定の構成を示すものです。ミディアムサーバファームには、以下のものが必要です。

  • 有効な検索コンポーネントを備えた1台または複数のフロントエンドWebサーバ
  • 1台のインデックス管理およびジョブサーバ
  • Microsoft SQL Server 2000 SP3が動作する1台または複数のコンピュータ
図2. ミディアムファーム構成

図2. ミディアムファーム構成

ラージサーバファーム

この用語は、Microsoft SharePoint Portal Server 2003の製品のドキュメントで使用され、特定の拡張構成を示すものです。ラージサーバファームには以下のものが必要です。

  • 複数のフロントエンドWebサーバ(負荷分散)
  • 複数の検索サーバ。5台以上の検索サーバの使用はお勧めしません。
  • 1台または複数のインデックス管理サーバ。そのうちの1台はジョブサーバ。5台以上のインデックス管理サーバを構成することはできません。
  • Microsoft社のSQL Server 2000 SP3が動作する1台または複数のコンピュータ(アクティブ/パッシブまたは「N+1」クラスタリング)
図3. ラージファーム構成

図3. ラージファーム構成

上記のラージファーム構成をさらに拡張するには、Microsoftネットワーク負荷分散(NLB)フロントエンドサーバを2台追加した、個別の専用Microsoft Windows SharePoint Services(WSS)Teamサイトファームを配備し、トータルで9台のサーバにします。

Microsoft Solution Accelerator for Intranetsのドキュメントでは、図4に示されるような、ミディアムからラージファームへの移行パスと拡張パス、また、特定のビジネスニーズに適合するためのスケールアウト拡張パスについて説明します。


図4. ソリューションのスケーリングと拡張オプション

図4. ソリューションのスケーリングと拡張オプション

特定のビジネスニーズに応じて能力を高めるためにサーバを追加してミディアムファーム配備を拡張したり(スケールアウト)、また、拡張オプションを利用するためにラージファーム構成に移行することもできます。推奨する拡張パスは以下のとおりです。

  • Webフロントエンド/検索サーバをMicrosoftネットワーク負荷分散(NLB)クラスタに追加し、ソリューションの全体的な能力と可用性を高めます。一般的なポータルアクセスと増加する検索作業のサポートへの対応能力が強化されるため、「負荷の分散」の実現に適したソリューションです。
  • 個別にMicrosoft Windows SharePoint Services(WSS)ファームを配備して、WSSチームサイトをホスティングします。このようなアクセスが作業負荷全体の大半を占める場合は、専用のMicrosoft Windows SharePoint Services(WSS)ファームを配備することが最もよい方法です。この専用ファームを利用すると、フロントエンド/検索サーバが提供する共有サービスを有効活用できます。
  • 上記のようなフロントエンドのサーバ拡張、またはMicrosoft Windows SharePoint Services (WSS)サーバ拡張などにより、Microsoft SQL Server 2000 SP3を実行するシングルサーバの能力を限界を超える場合は、Microsoft SQL Server 2000 SP3サーバをデータベースクラスタに追加します。一般的には、図2のミディアムファームの構成に示すように、Microsoft SQL Server 2000 SP3を実行する2-CPUのシングルサーバは最大4台のフロントエンドサーバをサポートできます。
  • 2台の専用検索サーバを配備してラージファームの構成に拡張します。ラージファームの構成では複数のインデックスサーバもサポート可能です。負荷の高い検索作業が含まれる場合や、ポータルなどのコンテンツソースについて広範なインデックスが必要となる場合などでは、ラージファームへの移行が最良の拡張オプションとなります。
ラージファームの配備では、同様に、以下に示す方法でさらに拡張を行うことができます。
  • WebフロントエンドサーバをMicrosoftネットワーク負荷分散(NLB)クラスタに追加し、能力および可用性を提供するソリューションのWebページ機能を強化します。
  • 前述と同様、個別にMicrosoft SharePoint Services(WSS)ファームを配備します。
  • チームサイトの作業が作業負荷の大半を占める場合は、さらにサーバを Microsoft Windows SharePoint Servicesファームに追加します。
  • 負荷の高い検索作業が含まれる場合は、検索サーバを追加します。
  • 複数のデータソースにインデックスを付ける必要がある場合、データのインデックスを高い頻度でリフレッシュする必要がある(「フレッシュな」データが必要)というビジネスニーズが生じた場合、または重要で新しいコンテンツあるいは修正されたコンテンツが毎日ポータルに追加される場合は、インデックスサーバを追加します。
  • 上記の拡張により、Microsoft SQL Server 2000を実行するシングルサーバの能力の限界を超える場合は、Microsoft SQL Server 2000が動作するサーバをデータベースクラスタに追加します。一般的には、図3のラージファームの設定で示すように、Microsoft SQL Server 2000 SP3を実行する4-CPUのシングルサーバは最大6台のフロントエンドサーバをサポートできます。
HP ProLiantサーバ上で稼働するこのような規範的な構成およびソリューション・コンポーネントの性能については、本ホワイトペーパーの後半で説明します。それぞれの構成に対する詳細なHPコンポーネントおよびシステムの部分のリストを記載しています。

前のページへ 次のページへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項