Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要
  電力と熱負荷
  冷却装置の効果の最適化
  高密度データセンターの冷却構成の最適化
  温度管理技術
  結論

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、1.48MB)
コンテンツに進む

高密度コンピューティングのためのデータセンターの最適化


概要

 
本文書では、コンピュータハードウェアによる消費電力の増加と発熱を生じさせる原因について説明します。ここでは、高密度ハードウェアの配置を始めるデータセンターと、高密度ハードウェアで完全に過密状態のデータセンターにおける冷却効果を最適化するために、いくつかの方法を提案します。本文書は、ITマネージャ、IT管理者、施設計画者、運用スタッフ向けに書かれています。
 

はじめに


世代を追うごとに、データセンター内のコンピュータやストレージ、ネットワークハードウェアの電力消費と熱負荷は、大幅に増加しています。データセンターが電力需要と冷却需要の増加を満たすには、現行の設計では制約を受けます。ほとんどのデータセンターは、平均値 (単位面積あたり) や「大体の目安」といった基準を使って設計されています。そして、施設全体の所要電力と所要冷却能力が一定であることを前提としています。実際のところ、ハードウェアが統一性なく混在していることと、コンピュータやストレージ、ネットワークハードウェアのさまざまな負荷が原因で、データセンター内の消費電力と熱負荷が不均衡になっています。これらが原因となって、オーバーヒートに関する問題 (ハードウェアの故障、パフォーマンスの低下、ハードウェアの寿命短縮) を引き起こす「発熱個所(ホットスポット)」が発生し、運用コストが急激に増加する可能性があります。

データセンターの構造の特性が動的であるため、冷却能力のより高い装置や局所的な冷却技術を導入しても、必ずしも空調問題を解決できるとは限らないのです。そこで、より最新の科学的手法を用いて、最も効果的な解決方法を探ります。HP研究所の研究により、データセンターを適切にレイアウトし、コンピュータルーム空調設備 (CRAC) の利用方法を改善することで、発熱個所の出現を防止し、大幅にエネルギーを節約できることがわかりました。

本文書は、高密度ハードウェアの配置を始めるデータセンターや、高密度ハードウェアで完全に過密状態にあるデータセンターが、現在および将来直面する課題に対して、意識水準を上げる目的で書かれています。本文書では、消費電力や熱負荷について説明し、データセンターの冷却装置の効果を最適化する方法を提案し、高密度データセンターの温度管理手法をご紹介します。

  次のページへ


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項