Jump to content 日本-日本語
製品 >  IAサーバ >  技術情報 >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

  概要
  シリアル アーキテクチャ:将来のHDDテクノロジ
  Serial ATAテクノロジ
  Serial Attached SCSIテクノロジ
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、1.37MB)
コンテンツに進む

Serial ATAテクノロジとSerial Attached SCSIテクノロジ


概要

 
このテクニカル ブリーフでは、パラレルATAとSCSI、およびそれに対応するシリアル テクノロジであるSerial ATAとSerial Attached SCSIについて、技術的な相違点を説明します。さらに、将来のエンタープライズ テクノロジの帯域幅に関する要件を満たすため、業界がこれらのシリアル テクノロジに移行しようとしている理由についても説明します。
 

はじめに


IT管理者がデータセンターのストレージ ソリューションを選択するに当たって、その柔軟性が限定されています。その選択肢は、パラレルATA(Advanced Technology Attachment)、SCSI(Small Computer Systems Interface)、またはファイバチャネル ディスク インタフェースに基づく独立したシステムに限定されてきました。これらのストレージ オプションによって、コア テクノロジを導入および再導入するIT管理者にできることが限定されることとなり、その結果として、企業に大きなコストと管理上の負担がかかることになります。シリアルI/Oアーキテクチャの出現により、現在、HPなどの主要なソリューション プロバイダは、広範囲のストレージ アプリケーションの要求を満足する単一のシステムまたはストレージ ソリューションを提供することができるようになりました。これによって、IT管理者は、単一のサーバまたはストレージ プラットフォーム上で標準化を行うことができるようになり、現在のデータセンターで各種のストレージ アプリケーションを管理する複雑性を劇的に緩和することができます。

HPは、SATA(Serial ATA)およびSAS(Serial Attached SCSI)業界のワーキング グループに積極的に参加し、ストレージ ソリューションの柔軟性とパフォーマンスに対するIT管理者のニーズを満足するシリアルI/Oテクノロジの仕様を開発しました。Serial ATAは、デスクトップPCや、低コストでミッション クリティカルではないサーバのストレージ ソリューションとして実装されます。Serial Attached SCSIは、エンタープライズ クラスのデバイスに実装され、SCSIハード ディスク ドライブ(HDD)の全機能を提供します。

本書では、パラレルATAおよびSCSIテクノロジの現在の状況、および将来のエンタープライズ テクノロジの要求を満足するに当たって直面する障壁を説明します。次に、これらのパラレルI/Oテクノロジの限界を打ち破るシリアルI/Oテクノロジの基本的な機能を説明します。以降の各節では、SATAテクノロジとSASテクノロジ、およびそれを採用するアプリケーションについて説明します。


    次のページへ

本書に関するご意見は、ISS Technology Communications Groupに下記のインターネット アドレスまでお寄せください。TechCom@HP.com(英語)

本書に記載するすべての製品名は、各企業の商標または登録商標です。
本書の内容は、将来、予告なしに変更されることがあります。
© 2003 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
© 2003 日本ヒューレット・パッカード株式会社
2003年6月
文書番号 TC030605TB

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項