Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

  はじめに
  システム要件
  移行手順
  トラブルシューティングのヒント
  まとめ/詳細な情報

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、660KB)
コンテンツに進む

Modular Smart Array 500からModular Smart Array 1000 SANへの移行による、スケーラビリティの強化 - 手法解説書、第2版

HP StorageWorks Modular Smart Array 500(MSA500)は、2ノードのクラスタリング、リカバリ サーバ、最大4ノードの共有ストレージなどを、経済的なSCSIによってサポートしながらも、リダンダント コントローラとマルチパスI/Oテクノロジーを通してデータの高可用性を実現することができます。将来、ストレージの需要が高まり、ストレージ システムの拡張や5台以上のサーバを接続する必要性が生じた場合、Modular Smart Array 500は、DAS-to-SAN(DtS、直接接続ストレージからストレージ エリア ネットワークへの移行)テクノロジーを基盤としているので、SANに容易に移行できます。
この「手法解説書」は、ストレージを直接接続する環境で、Modular Smart Array 500から、Modular Smart Array 1000(MSA1000)に移行する詳細な手順を紹介します。

はじめに


Modular Smart Array 500システム
図1. Modular Smart Array 500システム
Modular Smart Array 500(図1)は、ノードのクラスタリングや直接接続の共有ストレージを、経済的なSCSIでサポートしながらも、リダンダント コントローラとマルチパスI/Oテクノロジーを通してデータの高可用性を実現するエンクロージャです。Modular Smart Array 500は、広く普及したSCSIテクノロジーを基盤としているので、ハブ、スイッチ、ケーブルなどのインフラストラクチャを別途揃える必要はありません。

この製品は、初期投資を抑えながら、2テラバイト(TB)ものデータと最大4台のサーバをサポートできる高可用性システムです。このModular Smart Array 500は、容易にSANに変換できるので、将来、ストレージの需要が高まったらファイバチャネル ソリューションを整備し、マルチ クラスタ機能などを採用してスケーラビリティの強化を図ることもできます。

Modular Smart Array 500システムは、DAS-to-SAN(DtS)テクノロジーを提供しているため、将来、顧客のニーズが変化すれば、Modular Smart Array 500システムをModular Smart Array 1000に簡単迅速に変換することができます。Smartアレイ テクノロジーに基づくModular Smart Array 1000は、ミッドレンジのストレージ エリア ネットワーク(SAN)向けに設計された、2ギガバイト(GB)のファイバチャネル ストレージ システムとして第1世代にあたる製品です。Modular Smart Array 1000は、優れたスケーラビリティを発揮しながらも、投資を保護できるストレージ システムの実現を念頭におきながら、様々なx86サーバが混在する環境で、SANの導入にありがちな複雑さ、高額なコスト、リスクを低減するよう設計されました。

ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ
図2. ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ
Modular Smart Array 500システムをSANに変換するには、単純にModular Smart Array 500コントローラを取り外して(図2)、StorageWorks Modular Smart Array 1000コントローラと交換し、ファイバチャネルI/Oボードかファイバチャネル スイッチ ボードを追加するだけで済みます。

この「手法解説書」は、ストレージ エリア ネットワーク(SAN)への移行手順を説明します。この移行手順では、Modular Smart Array 500の基本的な構成から、Modular Smart Array 1000の基本的な構成への変換方法を述べます。

リダンダント コントローラ、リダンダント スイッチ、リダンダント ホスト バス アダプタ(HBA)を追加する場合や、その他の拡張構成をセットアップする場合は、『HP StorageWorks Modular Smart Array 1000ユーザ ガイド』をご覧ください。オンラインから参照可能です。
http://h50146.www5.hp.com/products/storage/manual/index.html


    次のページへ

© 2003 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
© 2003 日本ヒューレット・パッカード株式会社
本書の内容は、将来、予告なしに変更されることがあります。日本ヒューレット・パッカード株式会社は、製品とサービスに対し、保証書に記載された内容以外に、一切の保証はいたしません。本書の内容が、保証期間の延長や保証内容の拡張を意味することは一切ありません。日本ヒューレット・パッカード株式会社は、本書の技術的もしくは編集上の間違いや欠落について、一切の責任を負いません。

Linuxは、米国におけるLinus Torvalds氏の登録商標です。

Microsoft、WindowsおよびWindows NTは、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項